インタビューが繋ぐ全国で活躍する女性医師


深谷赤十字病院耳鼻咽喉科・頭頸部外科 院長 / 指導医 伊藤博先生 /深谷赤十字病院 / 初期研修医2年目 柴田夏実先生 / 土生亜実先生 / 浅野りえ先生 /奥木梓先生 /

伊藤博 先生 略歴

1981年
千葉大学を卒業
1982年
大宮赤十字病院(現 さいたま赤十字病院)
1983年
松戸市民病院
1984年
八日市場市立病院
1985年
千葉県立がんセンターに勤務
1991年
千葉大学医学部第一外科助手に就任
1994年
米国コロンビア大学に在外研究員として留学
1995年
米国マウントサイナイ医科大学に在外研究員として留学
1997年
千葉大学医学部第一外科講師
2002年
千葉大学大学院医学研究院臓器制御外科学助教授(准教授)に就任
2005年
深谷赤十字病院に副院長として着任
2013年
深谷赤十字病院院長に就任

伊藤先生の専門分野

日本外科学会認定医・専門医・指導医・特別会員
日本肝臓学会専門医・指導医
日本肝胆膵外科学会名誉指導医・評議員
日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医・専門医・指導医
日本消化器病学会専門医・日本臨床外科学会代議員・評議員
日本臨床腫瘍学会暫定指導医
身体障害者福祉法第15条指定医(肝臓機能障害)

伊藤先生に聞く深谷赤十字の現在

若い医師がいない病院には未来がない
丁寧な研修が人気病院の原動力に!
病院の特徴は?
当院は埼玉県北部で唯一の公的な総合医療機関です。病院の機能として、三次救急、地域がん診療連携拠点病院、地域災害医療センター、地域医療連携拠点病院、地域周産期母子医療センターを持っています。
そのような特定の医療機能を持つ病院は県の北部にはほかにないので、当院が中心的な役割を果たしていることになりますね。
25診療科全てが十分な機能を果たしているわけではありませんが、主要な診療科に関しては充実していると思います。
初期研修での人気の秘密は?
若い医師がいない病院には未来がないと考えたので、とにかく若い医師を集めることに時間を使いました。
副院長として、医師会との地域連携、がん診療連携拠点病院の仕事、電子カルテなどのIT化といった担当がありましたが、その中で力を入れたのが臨床研修です。
医学生とは副院長時代から、実は今でも直接会って、丁寧に対応しています。

指導医の先生より

藤博 先生

深谷赤十字病院 院長
研修医と一番距離が近いのは私ではないかと自信を持っています(笑)
これまでの初期研修も順調でしたか?
正直に申し上げると、最初は非常に苦労しました。こちらが黙っていても医学生が集まってくるような地域ではありません。どこの大学病院からも50km以上、離れているんです。そこで努力が必要だと思いました。同じ埼玉県でも南の方のさいたま赤十字病院や都心の病院と比較するわけではありませんが、私が15年前に赴任してきたときには初期研修医が0でした。それをここまでにしたのが私の自慢です(笑)。
現在も院長自ら研修をされているのですか?
現在も外来の診療1時間前などに会っています。院長は研修医の名前を知らないということも多いですが、500床近いクラスの病院の院長の中で、研修医と一番距離が近いのは私ではないかと自信を持っています(笑)。自分の時間を使って彼らと会えば、若い人はやはり分かってくれるんです。見学に来て、実際に受験する人は3分の1ぐらいです。当院を本気で考えるとなると地元の人が多くなるのは必然的なんでしょうね。
先生ご自身はどんなご縁で深谷赤十字にいらしたのですか?
私は千葉大学で外科の助教授、今の准教授だったのですが、50歳になったときに当院に移ることになりました。私は千葉大学の医局人事で大宮赤十字病院、今のさいたま赤十字病院に勤務していたことがあったのですが、そのときの上司が当院の前の院長先生だったんです。そういうご縁で以前から、お声をかけていただいていました。
長く千葉にいらしたのですね。
柏市出身で、大学も千葉なので、長くいましたね。「千葉は海があっていいね」とよく言われますが、私はあまり海の地域が好きではなかったんです(笑)。それで房総半島の南の方に行くよりは北の方がいいなと思っていたというのもあります。15年前に千葉から深谷に来ましたが、人口密度が適正で、住むにはいいところです。もうすっかり深谷に馴染んでいますよ。千葉に戻ったり、東京に行くと、「ああ、ごみごみしているな。早く深谷に戻りたいな」と考えている自分がいます。
深谷市の魅力はどこにありますか?
もともと深谷にいる人は実感していないかもしれませんが、山の魅力です。千葉だと山は筑波山が遠くに見えるくらいなんですが、ここでは山が視界の4分の3をぐるっと占めます。秩父から長野、上州の山々です。深谷にいると、関東平野の扇状台地にいるのだということが分かりますね。夏は暑いし、冬は寒いけれど、大雪が降るわけではありません。


福利厚生にも大きな評価!

3000社近い事業所の中で4事業所だけのプラチナプラスに選出!

日本赤十字社は女性の福利厚生に関して、相当に取り組んでいます。産前産後の休暇、育児休業制度は当然として、短時間の常勤制度もあります。 就業制度にしても、ほかの企業よりもしっかり休めるようになっているので、看護部長はやり繰りが大変のようです(笑)。 そうした取り組みの結果、当院は埼玉県で制定している「多様な働き方実践企業認定制度」でプラチナプラスの事業所に選ばれました。 当院がプラチナプラスに選ばれたときは3000社近い事業所の中で4事業所くらいだったんですよ。また、深谷市からも「深谷市女性活躍等推進事業所認証制度」の第1回の認定を受けています。

院内保育所が夜勤の際にも臨機応変に対応!

深谷市からは院内保育所を評価していただいたようです。この地域は民間の保育所も充実しているし、ご両親が近くに住んでいるご家庭も多いです。そのため、当院の保育所も24時間体制ではないのですが、夜勤の看護師がまとまって申請すれば、週1日程度は24時間にするなど、臨機応変に対応しています。

初期研修医&伊藤先生 座談会

深谷赤十字病院を選んだ理由は?

深谷赤十字病院を選んだ理由は?

@土生 亜実 Tsugumi Habu
私は埼玉県出身なので、埼玉県内の病院で選ぼうというのがまずありました。出身は加須市で、埼玉県を南北で分けると北部に入ります。そこで北部で大きな病院を探すと、深谷赤十字病院を知りました。そして、見学に来たのがきっかけになりました。
@柴田 夏実 Natsumi Shibata
私も同じで、この辺りの出身で、ここから比較的近い群馬大学に行っていました。私としては埼玉に戻りたいと何となく考えていたところ、深谷赤十字病院で実習の機会があったんです。実習で雰囲気の良さを感じ、研修医の人数もちょうど良く、上の先生方も楽しそうだったのを見て、こういうふうに研修できたらいいなと思いました。私たちの1年上の代は男性の研修医しかいなかったのですが、2年上は強い女性がいたんです(笑)。その先生が楽しそうに「やりやすいよ」と話してくれたのが大きかったですね。
@奥木 梓 Azusa Okugi
私も埼玉県出身なので、県内の病院を考えていました。私は秋田大学出身なので、都心に出やすい環境というのは重視していなかったんです。むしろ、深谷という地域の雰囲気がいいなと思いました。
@浅野 りえ Rie Asano
私は深谷市から奨学金をいただいていたので、深谷赤十字病院で初期研修をすることは決まっていました。

見学に来たのはいつですか?

見学に来たのはいつ?

@奥木 梓 Azusa Okugi
5年生の初めの頃に来ました。6年生のときにも来て、合計3回来ました。ここにいる先生方にもお会いしました(笑)。
@柴田 夏実 Natsumi Shibata
大勢来るから、一人一人はあまり覚えていないですね(笑)。
@浅野 りえ Rie Asano
私はこの病院で研修することが決まっていたので、見学にも来ていません(笑)。マッチングの日に試験が終わったあとで見学しました。
@柴田 夏実 Natsumi Shibata
会えなかったね。
@土生 亜実 Tsugumi Habu
私も会っていない。
@浅野 りえ Rie Asano
皆さんとは全然お会いできなかったです。
@伊藤 博 Hiroshi Ito
彼女たちの代は定員の3倍ぐらい、面接に来たからね。浅野先生は最初から余裕だった(笑)。
@浅野 りえ Rie Asano
試験も最初はないと聞いていたのですが、「やっぱり受けてね」ということになり、病院の成り立ちを読むところから始めました(笑)。

見学での印象はどうでしたか?

@土生 亜実 Tsugumi Habu
先生方が生き生きと働いている姿と、とても温かい雰囲気で、この場で一緒に診療に携わっていきたいと思いました。
@柴田 夏実 Natsumi Shibata
私も見学に来たときの印象が良かったので、実習で1カ月お世話になることにしました。群馬大学の実習先の中で埼玉県内の病院は唯一、当院だけでした。
@奥木 梓 Azusa Okugi
雰囲気が良くて、コメディカルスタッフが優しかったです。今も院内を歩いていると、ほとんどのスタッフが挨拶してくれます。大学病院などではただすれ違うことも多いので、そういう雰囲気の良さが決め手になりました。

深谷赤十字病院での初期研修について教えてください。

今はどういう研修をしていますか。

@土生 亜実 Tsugumi Habu
私は少し特殊で、今は検査部でエコーを特訓させていただいています。エコーは将来、何科に行くにしても必ず役に立つと思うので、そういうところを選択できるのも当院の初期研修の良いところですね。病理科で研修している人もいます。
@伊藤 博 Hiroshi Ito
医学的知識を得たうえで、初期研修で1カ月トレーニングすると、現場で通用する力になります。これは学生時代ではできないことですね。その意味で、何科に行っても超音波が聴診器代わりに自分でできるのは大きいです。
@土生 亜実 Tsugumi Habu
最初の頃は患者さんによって、当てにくいことがありましたが、今はほとんどの患者さんに当てられるようになり、身についてきました。将来は消化器内科を考えているので、お腹にエコーを当てたいなと思い、研修選択期間に検査部を回ることにしました。
@柴田 夏実 Natsumi Shibata
私は今血液内科を回っていますが、充実しています。
@奥木 梓 Azusa Okugi
私は循環器内科を回っています。忙しい科ではありますが、その分、させていただけることも多くあるので、楽しいです。
@浅野 りえ Rie Asano
私は循環器内科、腎臓内科と回って、今は外科にいます。働いてみたら、どの科もとても楽しいです。
@伊藤 博 Hiroshi Ito
回っているうちに楽しくなるというのはよくあることだね。外科も大学時代は単なる見学だけれど、当院での初期研修で自分で手術に関わって、患者さんが治って退院していくところを見ると、外科が面白いと思ってくれる人もいる。どの科でもそうだけど、指導が熱心だと、「背中を見る」ことに繋がる。ロールモデルになる先生がいるといいね。
@浅野 りえ Rie Asano
私は奨学金をいただいているから、すごく働かされるのかと思っていたんです。でも、とてもホワイトです(笑)。
@伊藤 博 Hiroshi Ito
金で縛りつけるみたいな(笑)。最初からそんなにブラックなイメージはないはずだけどな。
@浅野 りえ Rie Asano
何か裏があるのかなと思っていたけど、ありませんでした(笑)。働きやすくて、良かったです。
@奥木 梓 Azusa Okugi
コメディカルスタッフの方々が優しいです。
@伊藤 博 Hiroshi Ito
大学病院よりも研修医に直接、話しかけるコメディカルスタッフが多いかもしれない。そのあたりが当院の雰囲気の良さになっているようです。 私が院長になったときに、赤十字病院の理念に加えて、当院ならではのものとして、「優しさの溢れる病院」という理念を作ったのもそこにあります。ある意味では大学病院やがんセンターなどへのアンチテーゼと言いますか、こちらはホスピタリティで勝負するというのを平易な表現にしたものですが、これが職員にも少しずつ伝わってくれているようです。
和やかに座談会中
笑顔で楽しい雰囲気です

今の定員は何人ですか。

今の定員は何人ですか。

@奥木 梓 Azusa Okugi
9人です。
@土生 亜実 Tsugumi Habu
私たちは8人でしたが、1人がたすきがけで千葉大学から来ていたので、今は7人です。
@柴田 夏実 Natsumi Shibata
初期研修医同士、性格や志望科はばらばらですが、何となく価値観が似ている人が多い気がします。
@伊藤 博 Hiroshi Ito
学生時代に過ごした環境が似ているのかもしれないね。
@柴田 夏実 Natsumi Shibata
そうですね。だから仲良くやれているのだと思います。
@伊藤 博 Hiroshi Ito
最初は定員が2人で、2人になった瞬間に5人に増やし、それを達成したら今度は6人に、というふうに定員を割ると減らされるので、何とかクリアしながら7年目でようやくフルマッチしました。たすきがけは千葉大学医学部附属病院と群馬大学医学部附属病院から希望者が来ます。有り難いことに、「実は穴場のいい病院だよ」ということが口コミでじわじわと広がっていったようで、こんなにいい人たちが集まってくれるようになりました。

深谷赤十字病院での初期研修で勉強になっていることを教えてください。

深谷赤十字病院での初期研修で勉強になっていることは?

@柴田 夏実 Natsumi Shibata
2年目になって感じていることですが、1年目の経験を通して、先生方が信頼してくださっていて、私の考えを取り入れ、治療に参加させていただいています。先生とのディスカッションを通して理解が深まります。去年は全部が不安でしたが、今年はそれが「あ、これでよかったんだ」という確信に変わっていく感じがあります。去年の1年間で色々な症例を診ることができたんだなと思いますね。でも1年間の復習の面でも、2年間はやはり短く感じます。
@土生 亜実 Tsugumi Habu
研修医に表立って、色々なことをさせてくださる機会が多い病院です。CVを入れる手技であっても、研修医がいたら研修医が優先です。研修医が一人になることもなく、後ろについて教えてくださります。当直でも研修医主体で診断を考えたり、診療をしたりしますが、何かあったときには後ろから声をかけてくださいます。私は1年目の頃はどちらかというと、後ろから診療についていくタイプだったのですが、今は同じラインで行けるのかなと思える機会が増えたことが個人的には一番嬉しいです。それだけ身についたのかなと感じています。
@奥木 梓 Azusa Okugi
私は当直が始まってまだ数カ月なので不慣れなところが多く、毎回が勉強勉強という感じです。病棟でも指導医の先生が「これ、どうしたらいいと思う」と聞いてくださったり、「どうして、この治療を選んだと思う」と治療方針の決め方を尋ねてくださるので、それもまた勉強になります。
@伊藤 博 Hiroshi Ito
医学部に入って、国家試験に合格して、医師免許を持って、ここに来た人たちなんだから、もともとそういう能力を持っている。それが砂が水を吸収するように成長するから、1年目と2年目では全く違う。だから1年目にとって、2年目が頼りになるし、大きな存在なんだよね。屋根瓦のような研修システムはいいことだと思っています。私はこういう初期研修を目指してきたので、フルマッチしたことで、いい方向になっていると実感しています。

深谷赤十字の女性医師について教えてください。

女性研修医も増えましたね。

@伊藤 博 Hiroshi Ito
今の2年目の人たちの1つ上の学年は男性しかおらず、院長は女性に人気がないのかと言われたりしました(笑)。もちろん、採用にあたっては男女は関係ないですし、当院を第一志望でという人も増えてきました。
@土生 亜実 Tsugumi Habu
私たちは7人中4人が女性です。
@奥木 梓 Azusa Okugi
私たちの学年の女性は9人中3人です。

女性の先輩医師はいかがですか。

@奥木 梓 Azusa Okugi
当院で働くようになってから、女性医師が元気な病院だと実感しています。
@伊藤 博 Hiroshi Ito
女性優位だよね(笑)。まとまって、何かをするときにもリーダーシップを取れる女性が多い。
@柴田 夏実 Natsumi Shibata
でも、当院の女性の先生方は産婦人科や皮膚科にいらっしゃることが多く、初期研修医の1年目で回る科ではないので、1年目は接する機会が少なかったです。
@伊藤 博 Hiroshi Ito
女性医師がメインの科にいないのはたまたまなんです。意外に女性は女性に厳しいから、男性に優しく指導されたのは良かったんじゃないですか(笑)。
@柴田 夏実 Natsumi Shibata
私たちの1つ上、2つ上に女性の先生がいるので、貴重な女性の先輩として、どうして当院にいるのか、今の生活の様子はなど、よく話を聞いています。その先生方は初期研修は当院ではされておらず、当院の専門医プログラムの方と大学からの人事でいらしています。
@伊藤 博 Hiroshi Ito
当院で初期研修をした女性医師が皮膚科にいます。当院で初期研修をした人が戻ってきて、働いてくれるのはすごく有り難いです。以前は小児科もそうだったのですが、最近は減りつつあります。

小児科医が足りないのは辛いですね。

@伊藤 博 Hiroshi Ito
テレビにも取り上げられ、私が「小児科の医師を確保したい」と悲しそうな顔でインタビューを受けていました。小児科医が足りないと分娩にも影響しますし、埼玉県北部の周産期医療が厳しくなります。小児科医が不足すると母体搬送が減ってきますので、色々と動いているところです。
楽しく座談会中
お話に熱が入ります

研修医室について教えてください。

研修医だけの部屋はありますか。

@柴田 夏実 Natsumi Shibata
あります。1、2年目の初期研修医だけの部屋です。賑やかに過ごしています(笑)。
@奥木 梓 Azusa Okugi
分からないことがあったら、先輩方に何でも聞ける雰囲気です。
@伊藤 博 Hiroshi Ito
最初はきちんとした部屋がなく、部長室だった部屋を使っていたんです。私が副院長時代に初期研修医が4、5人になったので、一番いいところをもらいました。その後、研修医がまた増えたので、2部屋だったところを壁をぶち抜いて、何とか大きめの1部屋として作り変えました。

リフォームもなさったんですね

@伊藤 博 Hiroshi Ito
初期研修医が増えてきたゆえのリフォームですから、喜んでしました。ただ、これ以上は入らないので、定員も増やせないですね。研修医だけの勉強会もしているよね。
@土生 亜実 Tsugumi Habu
気になった症例があったら、皆で話したりしています。
@柴田 夏実 Natsumi Shibata
前日の当直でのホットな症例について「これはああするべきだった」とか、「あの先生のやり方はこうだった」という話は毎日、飛び交っています。

初期研修医の指導について教えてください。

教育にあたって、心がけていることは?

@伊藤 博 Hiroshi Ito
臨床医として仕事を始めるにあたって大切なのはもちろん教育の3要素である知識、技能、態度習慣ですが、態度習慣は最初が肝要です。患者さんのところにとにかく足を運ぶ、コメディカルスタッフと丁寧なコミュニケーションを取ることは最初に身につけないといけません。なぜなら、医師は裁量権が強くなっていくからです。だんだん偉くなって、患者さんを診に行くことがなくなり、横柄な態度を取ったりするのは臨床医として望ましくありません。若いときにこそ、きちんとした習慣を身につけるべきです。

今も手術をなさっていますか?

@伊藤 博 Hiroshi Ito
今はしていません。自分の領域の難しい手術に関しては下に降りて、後ろからアドバイスをしています。研修医にも教えたいのですが、今の手術はラパコレなどの腹腔鏡が増えてきており、私はその一世代前の開腹なので難しいですね。

では、どういう機会に教育されているのですか。

@伊藤 博 Hiroshi Ito
英文の抄読会をしています。院内の医師の中で最も長く初期研修医と関わってきたのが私なんです。抄読会も15年続けています。大学病院では抄読会をするのは当たり前かもしれませんが、市中病院はどうしても日々の診療に追われてしまって、「このときはこうすればいい」というパターン化して終わってしまいがちなので、プラスアルファが重要だと考えたんです。「どうして、こうするんだ」といったアカデミックマインドを育てるためには態度習慣が大事です。学生時代の受験勉強の延長でマニュアルだけの医師になるのではなく、プラスアルファの医師を目指す必要があります。英文抄読会で英文を読む習慣をつけ、原典に当たって調べるという、医師としての態度習慣を身につけてほしいと願っています。
@奥木 梓 Azusa Okugi
明日はそのジャーナル抄読会があります。私は今回の担当なので準備をしているんですが、こういう機会があると、海外の論文などを色々と探すので、「あ、こんなのあったんだ」と気づけますね。毎日の仕事では今いる患者さんについての勉強だけになりがちなので、抄読会はいい機会です。
@柴田 夏実 Natsumi Shibata
抄読会のほかにも、勉強会での講義を快く引き受けて下さる先生がたくさんいます。
@土生 亜実 Tsugumi Habu
外科の先生が画像診断の講義をしてくださったり、脳神経外科の先生が脳血管障害について講義をしてくださいます。先生方のお仕事の合間を縫って開催していただいています。

寮について教えてください。

皆さん、お住まいは寮ですか。

@柴田 夏実 Natsumi Shibata
ほとんどの初期研修医は病院の近くにアパートを借りています。
@伊藤 博 Hiroshi Ito
寮がないのはどうなのかと思ったのですが、いらないという結論になりました。病院から3万円弱の補助が出ますし、このあたりだと5万円から6万円ぐらいで、2、3部屋にオートロック付き、駐車場付きの物件に住めたりします。寮に住まわせて、院内PHSを持たせる病院もあるようですが、当院は病院を一歩出れば自由です。

では、好きなところに住めるのですね。

@柴田 夏実 Natsumi Shibata
そうです。皆、徒歩や自転車圏内のところに住んでいます。私は自転車で5分のところです。
@土生 亜実 Tsugumi Habu
私は歩いても来られる距離のところです。
@奥木 梓 Azusa Okugi
私も自転車で5分です。
@伊藤 博 Hiroshi Ito
そんな感じだよね。隣の熊谷市だと新幹線も停まるし、駅のそばに繁華街があるので、住む物件であれば、深谷市の方が見つけやすいかもしれません。
切磋琢磨しています
頑張るぞ!

プライベートは充実していますか?

休みの日は何をされていますか?

@柴田 夏実 Natsumi Shibata
たまに実家に帰ったりします。

夏休みのご予定は?

@柴田 夏実 Natsumi Shibata
海外旅行の予定です。長期の休みが取れるのも初期研修医の間だけだと思っているので、時間を有意義に使いたいです。
@土生 亜実 Tsugumi Habu
私はそこまで動かず、温泉が好きなので、国内の有名温泉に行ってこようかなと思っています。
@奥木 梓 Azusa Okugi
私は大学時代の友人に会いに、秋田に行きます。秋田県内で初期研修をしている人たちはなかなか関東に来る機会がないし、部活動の後輩にも会いたいんです。

今後のキャリアプランについて教えてください。

今後はどの科に進まれる予定ですか。

@奥木 梓 Azusa Okugi
まだ漠然としていますが、手技ができるところに行きたいなと考えています。外科系に興味があります。
@伊藤 博 Hiroshi Ito
当院の女性は外科系志望の人が多いんです。外科を回っている人たちを見て、なるほど外科向きだなと思うことが不思議とあります。イメージで言うのは良くないですが、考えながらカルテを書くよりも、しっかり身体を動かして仕事をすることが好きな人に女性が多いのかもしれないですね。インドア、アウトドアで言えば、アウトドアなのでしょうか。
@柴田 夏実 Natsumi Shibata
私は循環器内科と血液内科で悩んでいます。
@伊藤 博 Hiroshi Ito
柴田先生は手を動かせるし、外科向きだと思うけどね。
@柴田 夏実 Natsumi Shibata
外科向きだとよく言われるのですが、手術室が好きではないんです(笑)。
@土生 亜実 Tsugumi Habu
私は消化器内科に興味がありますが、後期研修先は関東圏内にはしたいものの、悩んでいるところです。
@柴田 夏実 Natsumi Shibata
後期研修は皆がばらばらになっちゃいそうだね。
@土生 亜実 Tsugumi Habu
既に寂しいね(笑)。
@柴田 夏実 Natsumi Shibata
皆が埼玉から出ていきそうで、寂しいです。
@伊藤 博 Hiroshi Ito
研修医の同窓会も開いているのですが、専門の研修に入ると忙しくなるので、なかなか集まれないんです。東京で開催したとしても同様ですね。でも便りがないのは良い便りですから、仕方ないです。初期研修時の採用条件で、後期研修に残るなら優先するといった病院もあります。もちろん残って、救急などを担当してもらえるのは病院としては有り難いです。後期研修医は働き盛りなので、どこの病院でも労働力になっていますし、都内の病院の救急でも皆が活躍しています。ただ、私は自分のキャリアをデザインするのに相応しい病院に行ってほしいと思っています。長い目で見て、自分の好きな道をと言っています。
@浅野 りえ Rie Asano
私の場合はどこかの年限で奨学金の義務を果たせばいいので、後期研修は自由に決められます。今のところは消化器外科に行きたいと思っています。手術も手術室も楽しいです。
@伊藤 博 Hiroshi Ito
埼玉県の医師不足を解消するために、埼玉県総合医局機構ではキャリア形成部会を作り、私は部会長をしています。奨学金をもらった人の行きたい科が産婦人科、小児科、救急なら問題ないのですが、そうではないと医師が不足している特定地域に何年か行かないといけないので、これをすり合わせるのが大変です。奨学金をもらった人は覚悟があるので、医師不足に関係のない科を選ぶ人はあまりいませんが、それでも希望と違うことが出てくるかもしれないので、なるべく希望を叶える方向にしていきたいです。
@柴田 夏実 Natsumi Shibata
ここの研修医は女子は外科系志望が多いんです。この2人も外科系ですし、来ていない2人もそうなんです。

柴田先生はカテーテル室は大丈夫なんですか。

@柴田 夏実 Natsumi Shibata
カテーテル室は好きです。手を動かすことは嫌いではないのですが、窓が欲しいんですかね。
@土生 亜実 Tsugumi Habu
カテーテル室も窓はないよ(笑)。
@伊藤 博 Hiroshi Ito
カテーテル室も放射線が漏れないように、窓を固められている(笑)。カテーテルにしろ、内視鏡にしろ、手先の技術に共通するものはありますから、手を動かすことが好きな女性が多いのかもしれないですね。頼もしい人たちです。
仲良く日々過ごしています
アイスで一息

医学生・若手医師にメッセージ

当院はバラエティに富んだ症例が集まり、しかも深く学べます

来年度の初期研修は5年ぶりの大改革となり、日本赤十字社の各病院でもそれに取り組んでいるところです。
私は赤十字社全体の臨床研修推進部会の部会長も務めていますが、当院では前から既に行ってきたこともありますので、新しい制度にも十分に対応していけそうです。 深谷のような地域は都会でも田舎でもなく、日本の標準的なポピュレーションがあります。
都内であれば2キロメートルぐらいの中に「この病気なら、どの病院」という専門に強い病院があり、患者さんもインターネットで情報を集めて来院しますので、どうしても症例に偏りが出るそうです。ところが、この地域に大きな病院は当院しかないので、バラエティに富んだ症例が集まり、しかも深く学べます。 当院での2年間の経験は大きなものとなるでしょう。
初期研修の理念は「日常の診療において頻繁に遭遇する負傷・疾病に対する基本的臨床能力」であり、それは変わりません。初期研修ではコモンディジーズのプライマリケアができるようになることが重要ですので、当院はそれに適任であると自信を持って申し上げられるところです。

病院アピール

優しさのあふれる病院を目指して

概要

名称 深谷赤十字病院
所在地 埼玉県深谷市上柴町西5丁目8番地1
電話 048-571-1511(代)
開設年月日 昭和25年11月1日
院長 伊藤博
休診日 土曜日、日曜日、祝日、創立記念日(11月1日)、年末年始(12月29日~1月3日)
病床数 474床(一般468床、感染症6床)

診療体制

診療科目

内科、精神科、神経内科、消化器科、循環器科、小児科、外科、呼吸器外科、整形外科、形成外科、脳神経外科、心臓血管外科、小児外科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、麻酔科、放射線治療科、放射線診断科、緩和ケア外科、歯科口腔外科、病理診断科、救急診療科


特殊外来

ペースメーカー外来(循環器科)
フットケア外来(循環器科)
ストマ外来(外科)
アレルギー外来(小児科)
循環器疾患外来(小児科)
発達・慢性疾患外来(小児科)
乳児健診(小児科)
神経外来(小児科)
ORT外来(眼科)
助産師外来(産婦人科)
シャント外来(内科)
リウマチ専門外来(整形外科)
便秘外来(小児外科)


医療指定

健康保険法指定病院
更生医療指定病院
国民健康保険法指定病院
養育医療指定病院
労働者災害補償保険法指定病院
救急指定(第三次)
母体保護法による指定病院
急性灰白髄炎患者医療指定病院
生活保護法による指定病院
骨髄バンク認定病院
性病予防法による指定病院
救命救急センター
身体障害者福祉法による指定病院
地域災害医療センター
結核予防法指定病院
地域周産期母子医療センター
育成医療指定病院
第二種感染症指定病院
地域がん診療連携拠点病院
地域医療支援病院
マンモグラフィ検診施設画像認定病院


お気に入り