社会人マナー講座

社会人マナー講座

履歴書は、あなたがどのような人物なのかを示すための重要な書類となります。面接時はその場で説明ができますが、面接時以外でも病院内の関連する部署や複数の担当者の間で共有、閲覧する為にひとり歩きする書類です。その為、どこの誰が読んでも、あなたという人物を示す情報が性格に伝わるように的確に記入をする必要があるのです。手紙と同じく、字の上手さや表現の上手さをアピールするものではありません。丁寧にわかりやすい表現で間違いの無いように記入すれば問題ありません。

写真

フォーマルな服装で3ヶ月以内に撮影した写真を貼ります。
何らかの原因で写真が履歴書からはがれてしまった場合、紛失を防ぐために裏に大学名と名前を記入しておきます。

日付

投函日を記入します。面接時に直接持参する場合は面接当日の日付を記入します。

ふりがな

「ふりがな」と書かれている場合はひらがなで、「フリガナ」と書かれている場合はカタカナで記入します。

住所

都道府県から省略せずに「○丁目○番○号」まで記入します。アパート・マンション名と部屋番号も忘れないように気を付けましょう。

電話番号やメールアドレス

病院側が連絡をする際の情報となりますので間違いが無いように正確に記入します。
メールアドレスは「-(ハイフン)」や「_(アンダーバー)」などの記号が含まれる場合は見間違えが起きないようにしっかりと記入しましょう。

学歴・職歴

「○○高校」などの略語ではなく「○○高等学校」と正式名称で記入します。卒業年月は間違えのないように確認の上、記入しましょう。
学歴の1行目には「学歴」、職歴の1行目には「職歴」と記入します。

免許・資格

略語ではなく正式名称を確認して記入します。資格取得日も間違いの無いように正確に記入し、現在取得に向けて勉強しているものに関しては「取得見込み」と記入してアピールしましょう。

自己PR・志望動機

「自己PR」とは、あなたが今まで取り組んできた事。「志望動機」とは、あなたが希望する研修病院で何をしたいのかという事。
「志望動機」で語った事を実現する為に「自己PR」で語った今まで取り組んできたことが土台になる、活用できるというように関連付けた内容にできれば非常に説得力のあるアピールになります。

その他の注意点

  • 印鑑を押すのを忘れないようにしましょう。全て記入する前に押印します。記入後でも構いませんが、押印で失敗すると全て書き直しになってしまいます。
  • 履歴書の形式によっては、趣味や特技、長所や短所などを記入する欄があるものもあります。原則、空欄のままにはしておかず、全てが自己アピール要素として活用すべく記入するようにしましょう。
  • 黒のボールペンで記入しましょう。
  • 修正ペンは使用せず、書き間違えた場合は最初から書き直しましょう。
  • 書き終えたらひと通り見直して、誤字脱字、書き忘れなどが無いかをチェックしましょう。
  • 書き終えたものは念のためコピーをとっておくと、後で見返すことができるので安心です。

お気に入り