社会人マナー講座

社会人マナー講座

「身だしなみ」も「相手に安心してもらう」為に非常に大切な要素となります。
面接の場にラフな服装で来られたら、自分自身は良いかもしれませんが、面接官はその人に対して確実に不安を感じるでしょう。自分が面接官だったら、どのような身だしなみであれば安心するかを想像すれば自ずと気を付けるべきポイントは分かるはずです。

スーツ

  • 色は黒かグレー系が基本です。
  • 今は2つボタンが主流となっています。
  • 自分のサイズに合ったものを。サイズを測ってもらいながら必ず試着をして選ぶようにしましょう。
  • スカート丈は着席した際に少し膝が出る程度を目安にしましょう。
  • 当日までに、シワやほつれ、テカリ、汚れ、折り目が消えている、ボタンが取れているなどの確認をしておきましょう。

ワイシャツ

  • 色は白が基本です。
  • しっかりとアイロンをかけておきましょう。
  • 当日までにシャツの襟や袖口の汚れがないか確認をしておきましょう。

ネクタイ

  • 落ち着いた明るめの色を選びましょう。
  • 柄は、無地、斜めのストライプ、ドットが一般的です。
  • ベルトのバックルがネクタイの先で隠れるくらいを目安に調節しましょう。

コート

  • ステンカラーコートかトレンチコートがベストです。
  • 色はベージュ系、黒系、紺系を選びましょう。
  • スーツ同様シワやほつれ、テカリ、汚れがないかを確認しておきましょう。

かばん

  • 色は黒か黒系が基本です。
  • A4サイズの書類がすっぽり入るサイズで、マチがしっかりしていて床に置いて立つものを選びましょう。

  • 色は黒。
  • 男性はひも付きのシンプルなデザインのもの、女性はシンプルなパンプスで。

靴下・ストッキング

  • 靴かスーツの色に合わせるようにし、柄の無いものを選びましょう。
  • ストッキングは無地で肌色に近い色合いのものを選びましょう。

その他小物類

  • 時計はシンプルで見やすいものが良いです。ブランド品は避けましょう。
  • 眼鏡はきれいに磨いておきましょう。
  • アクセサリー類は基本的につけないようにしましょう。

髪型・顔

  • 髪型は長い場合はカットして目や頬にかからないようにし、しっかりセットして清潔感を出しましょう。
  • ヘアアクセサリーは派手ではない黒、紺、茶系を選びましょう。
  • 髭の剃り残しや鼻毛が出ていないかをチェックしましょう。
  • メイクは派手にならないようにナチュラルメイクを心がけましょう。
  • 口臭にも気を付けて、直前に歯磨きやブレスケアをしましょう。

お気に入り