初期研修病院

公益社団法人 地域医療振興協会

東京北医療センター

東京都東京都北区赤羽台4-17-56


  • 2次救急
  • 救急車搬送台数 5000~7000件
  • 屋根瓦方式
  • 住宅補・寮

プログラム名
東京北医療センター初期研修プログラム
プログラム責任者
役職:臨床研修センター長 名前:梅屋 崇
募集定員
10
指導体制
屋根瓦式
選択期間
4ヶ月
年間スケジュール(月単位)
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24
7ヶ月 1ヶ月 2ヶ月 1ヶ月 1ヶ月 1ヶ月 1ヶ月 1ヶ月 1ヶ月 2ヶ月 2ヶ月 4ヶ月
内科 救急 外科 地域 小児科 小児科 麻酔科 救急 精神科 産婦人科 地域 選択
10名のローテートなため、人によってスタートする科やまわり方が違います。
カンファレンス・勉強会について
ハーフデイバック(週1回)
外人講師によるレクチャー(週1回)
心電図勉強会(週1回)
CPC(年5回)
各科勉強会、カンファレンス(週1回から3回)
公開症例発表会(年4回程度)
JADECOM地域医療セミナー(年1回)

ハーフデイバックでは、地域医療を行うのに必要な技術や知識を学びます。
公開症例発表会では、近隣医療機関との合同カンファレンスで、自らが経験した症例を発表します。
JADECOM地域医療セミナーは、全国にある関連病院の研修医が集まって、交流を深めながら地域医療を学びます。
研修医のフォロー体制
1つのローテートが修了するごとに必ず研修センタースタッフ医と振り返りを行っております。
研修に臨む皆さんへ
≪目指してもらいたい目標≫

<医師として働く人間としての目標>
生物学的、心理的、社会的側面から患者を全人的にとらえる姿勢を持ち、患者や患者家族に共感しながら共に歩み、自ら考え責任感のある臨床医となること。

<技術的な目標>
さまざまな環境において、限られた資源を最大限に活用して、患者に思いやりを持った医療を提供できる臨床医となること。
研修終了後の主なキャリア
引き続き、総合診療科、小児科、内科、外科等の後期研修プログラムに登録して研修します。
初期研修医の半数以上が残ります。

東京北医療センター

お気に入り

お問い合わせ