初期研修病院

綜合病院山口赤十字病院

山口県山口市八幡馬場53-1


  • 2次救急
  • 救急車搬送台数 ~3000件
  • マンツー
  • 自由
  • 住宅補・寮
  • 保育・託児
  • 500万~
  • 見学補

所在地
山口県山口市八幡馬場53-1
アクセス
◇JRでお越しの方
•JR山口線上山口駅から
徒歩5分

•JR山口線山口駅から
山口市コミュニティバスに乗り換え(日赤西口まで7分)
またはタクシー約5分、700~800円

•山陽本線・新幹線新山口駅(旧称:小郡駅)から
山口線に乗り換えて上山口駅または山口駅で下車
または在来線口で防長バスに乗り換え(約40分、590円)
またはタクシー約30分、約3500円


◇バスでお越しの方
«日赤前バス停下車 または 日赤口バス停下車»
それぞれのバス停から、徒歩1分 徒歩3分
【防長バス】
・市内線(旧市営バス路線)、堀、吉部からのバス
【JRバス】
・東萩からのバス(普通便のみ)
・大内ー県庁ー日赤ー宮野線


«日赤病院西口バス停下車»
徒歩2分
山口市コミュニティバス大内ルート

※上記以外の路線バスおよび特急バス、高速バスなどをご利用の方は、山口駅、米屋町、湯田温泉、県庁前などで防長バス市内線かコミュニティバスに乗り換えておいでください。
病床数
427
救急指定
2次救急
診療科目

内科、呼吸器科、消化器科、循環器内科、精神科、脳神経内科、小児科、外科、乳腺外科、 整形外科、脳神経外科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、気管食道科、 放射線科、リハビリテーション科、歯科口腔外科、麻酔科、緩和ケア科

外来数 741.8件/日
救急外来数 10029件/年
救急車搬送数 2622件/年
分娩数 649件/年
入院患者数 383.8件/日
在院日数 12.3日
取得可能専門医科目

※基幹型は緑色

連携型は黄色

  • 内科
  • 総合診療科
  • 小児科
  • 皮膚科
  • 精神科
  • 外科
  • 整形外科
  • 産婦人科
  • 眼科
  • 耳鼻咽喉科
  • 泌尿器科
  • 脳神経外科
  • 放射線科
  • 麻酔科
  • 病理診断科
  • 臨床検査科
  • 救急科
  • 形成外科
  • リハビリ科
院長

名西 史夫

出身大学 九州大学

指導医数
38名
指導医数詳細
臨床研修指導医講習会受講者数(令和元年9月1日現在)
研修医数
男性:7人/女性:1人  (R1.9現在)
研修医の出身大学
九州大学・山口大学・福岡大学 等
研修後の進路
山口大学医学部附属病院や九州大学病院への入局、他病院への就職、当院専攻医研修 等
病院の特徴
 当院は総合病院として内科・外科・小児科・産婦人科部門をはじめ多岐にわたる分野で専門的な指導医のもと、初期研修として救急、プライマリ・ケアから専門医療まで診断・治療の技術の習得ができるよう体制を整えています。また、地域の拠点病院として癌の診断・集学的治療に取り組み外来化学療法室、緩和ケア病棟を有し、入院・在宅部門ともに充実しています。
また、平成28年10月より内視鏡外科手術センターを開設し、年間600件以上の内視鏡手術を行うなど、より患者さんに侵襲性の少ない内視鏡手術に注力しています。
 各医局は分野間の垣根が低く、初期診療から専門領域まで皆協力分担して診療しており、少数精鋭で密度の濃い研修が可能です。総合病院として全ての専門医師・医療スタッフの力を結集して、一人ひとりの患者さんの命に向き合い、看護師・薬剤師・臨床検査技師・放射線技師、理学療法士、栄養士等の医療スタッフにも恵まれ、職種を超えたチーム医療も盛んです。色々な科のスタッフと顔の見えるやさしい交流が可能となり、楽しい研修生活が送れるものと思います。

■指導(医)に自信がある
■医師の出身大学が多様である
■様々な手技が経験できる
■自分のペースにあった研修ができる

綜合病院山口赤十字病院

お気に入り

お問い合わせ