初期研修病院

天理よろづ相談所

天理よろづ相談所病院

奈良県天理市三島町200番地

所在地
奈良県天理市三島町200番地
アクセス
最寄駅:JR天理駅・近鉄天理駅
・奈良よりJR桜井線で15分 ・京都より近鉄で1時間(天理行急行利用) ・大阪より近鉄で約1時間(大和西大寺経由)
JR天理駅・近鉄天理駅より徒歩約10分、奈良交通バスで約5分
病床数
715
救急指定
2次救急
診療科目

総合内科、呼吸器内科、消化器内科、循環器内科、内分泌内科、脳神経内科、血液内科、消化器外科、呼吸器外科、心臓血管外科、形成外科、脳神経外科、整形外科、小児科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、泌尿器科、放射線科、麻酔科、精神科、腎透析科、歯科・口腔外科、救急診療科、緩和ケア科、臨床検査科、病理診断科

外来数 1691件/日
救急外来数 14418件/年
救急車搬送数 5475件/年
分娩数 450件/年
入院患者数 502件/日
在院日数 11.8日
取得可能専門医科目

※基幹型は緑色

連携型は黄色

  • 内科
  • 総合診療科
  • 小児科
  • 皮膚科
  • 精神科
  • 外科
  • 整形外科
  • 産婦人科
  • 眼科
  • 耳鼻咽喉科
  • 泌尿器科
  • 脳神経外科
  • 放射線科
  • 麻酔科
  • 病理診断科
  • 臨床検査科
  • 救急科
  • 形成外科
  • リハビリ科
最新設備機器
ハイブリッド手術室、ダヴィンチ、CT、320列CT、MRI、SPECT-CT、PET-CT、RI、心臓カテーテル、IVR、アンギオ、X線TV、マンモ、骨塩定量、結石破砕、リニアック、腔内照射、内視鏡、エコー、透析、脳波、呼吸機能、マイクロサージェリー、人工心肺、IABP
院長

山中 忠太郎

出身大学 京都大学

関連機関
京都大学
指導医数
55名
指導医数詳細
総合内科(総合診療教育部)(5)、消化器内科(3)、循環器内科(4)、呼吸器内科(4)、内分泌内科(3)、脳神経内科(2)、血液内科(2)、消化器外科(4)、呼吸器外科(2)、脳神経外科(3)、心臓血管外科(2)、小児科(2)、産婦人科(2)、精神神経科(2)、耳鼻咽喉科(2)、泌尿器科(1)、整形外科(1)、放射線部(2)、麻酔科(3)、腎透析科(1)、臨床検査部(2)、在宅世話どりセンター(1)、白川分院(2)
研修医数
計28名 男性24名/女性4名
研修医の出身大学
札幌医科大学、東北大学、東京大学、京都大学、名古屋大学、岐阜大学、三重大学、滋賀医科大学、大阪医科大学、関西医科大学、奈良県立医科大学、和歌山県立医科大学、島根大学、鳥取大学
研修後の進路
当病院、関連病院、関連大学、卒業大学
病院の特徴
ベッド数858床(白川分院143床)、診療科目数28という京阪神地域の基幹病院の一つである。精神的身体的に悩む人々に広い角度から救いの手を差し伸べようとする天理教の趣旨に基づき、1935年に創立。創立当初は小規模であったが、1966年全面的に改築した際、京都大学医学部のバックアップを受け、大幅にスタッフなどの陣容を拡大した。1976年には全国初の総合病棟を設けるなど、患者指向の先進的な取組で有名。2003年には精神神経科病棟・療養病棟・回復期リハビリテーション病棟を有した白川分院を、2006年には外来診療棟を、2014年には東病棟・西病棟を開設した。医療機器など最新の設備を整え、『笑顔と親切』をもって、さらに高度な医療を提供していきたい。

天理よろづ相談所病院

お気に入り

お問い合わせ