初期研修病院

地方独立行政法人 北九州市立病院機構

北九州市立八幡病院

福岡県福岡県北九州市八幡東区尾倉2丁目6番2号


  • 3次救急
  • 救急車搬送台数 3000~5000件
  • 住宅補・寮

所在地
福岡県福岡県北九州市八幡東区尾倉2丁目6番2号
アクセス
JR鹿児島本線
 八幡駅から南へ徒歩9分

西鉄バス
「市立八幡病院」病院敷地内
「八幡駅入口第一・第二」から徒歩で6分

都市高速道路
 大谷インターから車で5分
 東田インターから車で5分
病床数
350
救急指定
3次救急
診療科目

内科、循環器内科、小児科、外科・呼吸器外科、消化器外科、小児外科、脳神経外科、整形外科、リハビリテーション科、形成外科、皮膚科、泌尿器科、婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、放射線科、救急科、麻酔科、精神科、歯科、臨床検査科

外来数 527件/日
救急外来数 34291件/年
救急車搬送数 4061件/年
分娩数 0件/年
入院患者数 238件/日
在院日数 10.3日
取得可能専門医科目

※基幹型は緑色

連携型は黄色

  • 内科
  • 総合診療科
  • 小児科
  • 皮膚科
  • 精神科
  • 外科
  • 整形外科
  • 産婦人科
  • 眼科
  • 耳鼻咽喉科
  • 泌尿器科
  • 脳神経外科
  • 放射線科
  • 麻酔科
  • 病理診断科
  • 臨床検査科
  • 救急科
  • 形成外科
  • リハビリ科
院長

伊藤 重彦

出身大学 長崎大学

指導医数
37名
研修医数
5名
研修医の出身大学
【過去3年】
久留米大学、九州大学、山口大学、産業医科大学、大分大学、島根大学、長崎大学
研修後の進路
当院にレジデントとして勤務可能
病院の特徴
当院は、1943年に八幡市民病院として総合病院の端を発し、1963年に現在の北九州市立八幡病院として生まれ変わりました。
当院では、救命救急センター・小児救急センターとして、24時間・365日いつでも必要な医療を提供し市民の皆様に安心・信頼・満足していただけることを目標に、チーム医療の提供に励んでいます。
また、小児救急の分野では、福岡県小児救急医療相談をはじめ地域内外の子育て支援など、小児救急看護認定看護師を中心に地域支援にも取り組んでいます。
さらに、災害拠点病院としてDMATを3チーム擁し、災害研修センターとしても活動を行っています。
高度かつ専門化が求められ多様化する患者・家族のニーズに対し、より良い医療の提供が出来るよう日々研鑽を続けています。
2018年12月に新病院に移転し、ハイブリッド手術室をはじめとした最新鋭の設備を備え質の高い医療を提供しています。

北九州市立八幡病院

お気に入り

お問い合わせ