初期研修病院

医療法人春秋会

城山病院

大阪府羽曳野市はびきの2丁目8番1号


  • 2次救急
  • ER救急
  • 救急車搬送台数 3000~5000件
  • マンツー
  • 自由
  • 住宅補・寮
  • 保育・託児
  • 500万~

所在地
大阪府羽曳野市はびきの2丁目8番1号
アクセス
近鉄藤井寺駅より近鉄バスで約15分。「府立医療センター」下車 すぐ。
近鉄古市駅より近鉄バスで約10分。「府立医療センター」下車 すぐ。
病床数
299床(一般病床240、特定集中治療室8床、回復期リハビリテーション病床51床)
救急指定
2次救急 ER型救急
診療科目

内科、神経科(神経内科、消化器科(胃腸科)、循環器科、外科、整形外科、形成外科、美容外科、脳神経外科、心臓血管外科、皮膚科、泌尿器科、こう門科、眼科、耳鼻いんこう科、リハビリテーション科、放射線科、血液内科、腎臓内科、救急科、乳腺外科

外来数 541.2件/日
救急外来数 11253件/年
救急車搬送数 4513件/年
分娩数 0件/年
入院患者数 256.3件/日
在院日数 13.5日
取得可能専門医科目

※基幹型は緑色

連携型は黄色

  • 内科
  • 総合診療科
  • 小児科
  • 皮膚科
  • 精神科
  • 外科
  • 整形外科
  • 産婦人科
  • 眼科
  • 耳鼻咽喉科
  • 泌尿器科
  • 脳神経外科
  • 放射線科
  • 麻酔科
  • 病理診断科
  • 臨床検査科
  • 救急科
  • 形成外科
  • リハビリ科
最新設備機器
電子カルテ、ガンマナイフtypeC、PET-CT(8列)、MRI(3.0T、1.5T)CT(64列、2列)乳房撮影装置、骨密度測定装置、体外衝撃波結石破砕装置、血管撮影装置、頭部血管撮影、TV撮影装置、手術場用イメージ、回診用X線装置3台、PACSシステム、手術室 6室、人工心肺、集中治療室8床、呼吸器サーボ2台、患者監視モニタリングシステム、人工透析室32ベッド、多人数用透析供給装置、上部消化管・下部消化管・気管支鏡
院長

福本 仁志

出身大学 大阪医科大学

指導医数
20名(2019年度時点)
指導医数詳細
主な出身大学:愛知医科大学、奈良県立医科大学、大阪医科大学、近畿大学、山口大学、和歌山県立医科大学、大阪大学、京都大学、大阪市立大学
実務経験7年以上の医師:45名
研修医数
1年次:2名、2年次:2名(2019年度時点)
研修医の出身大学
大阪大学、関西医科大学、和歌山県立医科大学
研修後の進路
①当院専門診療科にて後期研修を行う
②大学病院にて後期研修を行う
③他の市中病院にて後期研修を行う 
病院の特徴
城山病院は南河内地域の急性期医療の中核的な病院である。2007年に現在の地に新築移転したのを機に、電子カルテや電子画像システムを導入し、最新の高度医療機器を備え、さらに脳・脊髄・神経、心臓血管、消化器の3つのセンターを置き臓器別診療体制を整え、内科と外科が一体となったチーム医療を提供できる病院となった。3つのセンターという柱に加え、4本目の柱でもある整形外科を含む外科系、救急医療、血管内治療(脳・神経、循環器)を得意としているのも城山病院の特徴である。とくに救急医療では救急専門医を中心として、5つの分野に分けたER体制を敷くことで、南河内医療圏で随一の質、量を誇っており、2017年の救急搬送受け入れ数は、約4,700件(自己来院を含めると1万2,000人)であった。城山病院は高度な先進医療を提供すると同時に、地域に対してはきめ細かい貢献を行うことをめざしている。

城山病院

お気に入り

お問い合わせ