オンライン説明会 病院・研修プログラムの特徴 2021年 5年生
研修医の先生と上級医の先生のどちらからもお話が聞けて、これからの実習や研修のイメージができました。とても有益な時間でした。
オンライン説明会 病院・研修プログラムの特徴 2021年 5年生
海外志向の強い研修医が多くいることがわかった。また給料など細かいところまで聞ける雰囲気で説明会として良かったと思う。
オンライン説明会 病院・研修プログラムの特徴 2021年 5年生
噂に違わずかなり実践重視の病院で、他よりもかなり早い時点から裁量が与えられて実戦投入という研修スタイルの病院のようだった。ただ働き方改革もあり、イメージよりは1日の勤務時間も長過ぎはしなさそうに感じた。
オンライン説明会 病院・研修プログラムの特徴 2021年 5年生
まさか3人しかフリー枠にいないとは思わず、大変びっくりしました。失礼ながら病院について資料を見ながらまとまりのない質問をしていたのにもかかわらず、大変暖かく優しく笑顔で説明してくださっていて、自分の中で勝手にできていた孤高のひとがたくさん集まる沖縄中部病院のイメージが覆ったように思います。ぜひ病院見学に伺い、病院の雰囲気を感じたいと思いました。
オンライン説明会 病院・研修プログラムの特徴 2021年 5年生
質疑応答でUSMLEなどの話が出るなど、全体的な意識の高さがうかがわれた。沖縄県の離島医療に携わる人材育成に力を入れながらも海外志向であるところに研修機関としての質の高さを感じた。
オンライン説明会 病院・研修プログラムの特徴 2021年 6年生
症例数の多さと綿密なフィードバックを両立しているというお話が印象的だった。かなりハードな研修だという印象を受けたが、同期の人数が多く支え合うことができるというのも魅力的だと感じた。
オンライン説明会 病院・研修プログラムの特徴 2021年 6年生
非常に大変だという話ばかり聞いていたが、健康の維持が可能な範囲の忙しさに落ち着いていると聞いて安心した。進みたい科が定まっていない場合に、2週間ずつの実習では実感が湧かない可能性が高いのが不安になった。実際に見学に行くなどしてより詳細を知ってみたい
オンライン説明会 病院・研修プログラムの特徴 2021年 5年生
有名病院を覗きたいという程度で参加したのですが、先生方の雰囲気の良さで第一希望になりました。見学や実習でも伺いいたいと思います。
オンライン説明会 病院・研修プログラムの特徴 2021年
研修医の方々に直接お話を伺えたため、実際に研修医がどのような生活を送っているのか、なぜその病院を選べたかについてリアルなお話を伺うことができました。
オンライン説明会 病院・研修プログラムの特徴 2021年 5年生
話しやすい雰囲気で研修医の方々にも色々教えて頂けて、とても有意義な時間でした。研修システムなど、沖縄中部病院ならではの特徴が沢山あり魅力的でした。生活の事についてなども細かく教えて下さってありがとうございました。是非病院見学に伺いたいと思います。

沖縄県立中部病院

沖縄県うるま市宮里281

初期研修
市中病院
募集10人〜
屋根瓦式
保育・託児所
住宅補助・寮
ER型救急

病院データ

基本データ

病床数
559
救急車台数/年
7242
救急外来数/年
36848
一般外来数/日
829
口コミ投稿
6件のプログラムが登録されています
概要と所在地
病院名
沖縄県立中部病院
所在地
沖縄県うるま市宮里281
アクセス
■ 交通手段
高速バス113番(具志川空港線)、
郊外線23番・110番・112番・21番・77番などバス停中部病院前より徒歩3分
病院の特徴
(1)地域中核病院:沖縄県中部医療圏の地域支援病院およびER型救命救急センターを設置した総合的診療ができる地域中核病院である。急性期医療を主体としながらも地域に密着した日常診療を行つており、地域がん診療連携拠点病院としてがん診療も積極的に行っている
(2)1~ 3次の救命救急医療:救急部門は当院の医療を特徴付け、1~ 3次の救急患者を365日24時間受け入れている。1975年に救命救急センターの指定を受け、沖縄県の救急医療の中心的な役割を担っている
(3)離島支援の中核的役割:沖縄県には有人離島が40あり、19島に診療所が開設されている。当院はその診療所に勤務する医師を育成する役割を担う。ネット経由での情報交換、診療所医師の研修・休暇・弔慶休時の代診医派遣等の診療支援も行っている
(4)人材育成による海外医療協力:JICAを窓口に、海外から医療人を受け入れ、短期・長期にわたる臨床現場での教育・研修に関わる
(5)充実した臨床研修と医学教育1967年にハワイ大学と提携した臨床研修プログラムが開始。臨床重視の研修プログラムは全国から高い評価を受けている。ハワイ大学の協力により指導医を米国各地より招聘している。琉球大学病院の学生実習や、県外医学部生からもクリニカルクラークシップを受け入れている
詳細データ
病院長
玉城和光 (出身大学: 北海道大学)
病床数
559
外来数
829件/日
救急外来数
36848件/年
救急車搬送数
7242件/年
分娩数
1180件/年
入院患者数
525件/日
在院日数
13.13日
救急指定
3次救急 ER型救急
診療科目
内科 呼吸器内科 消化器内科 循環器内科 神経内科 心療内科 外科 呼吸器外科 消化器外科 気管食道外科 肛こう門外科 心臓血管外科 脳神経外科 小児外科 整形外科 形成外科 精神科 アレルギー科 リウマチ科 小児科 皮膚科 泌尿器科 産科 婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 病理診断科 救急科 歯科口腔外科 麻酔科 腎臓内科 血液・腫瘍内科 感染症内科 糖尿病・代謝内科 内分泌内科 乳腺外科 耳鼻咽喉・頭頸けい部外科 新生児内科
取得可能専門医科目(基幹型のみ)
内科、総合診療科、小児科、産婦人科、救急科
指導医・研修医データ
指導医数
111
指導医数詳細
総合内科(8人)血液・腫瘍内料(3人)、感染症内科(4人)、腎臓内科(1人)、呼吸器内科(4人)、消化器内科(7人)、循環器内料(7人)、神経内科(2人)、リウマチ科(1人)、小児科(4人)、新生児科(6人)、外科(4人)、乳腺外科(1人)、心臓血管外科(4人)、整形外科(2人)、脳神経外科(2人)、形成外科(2人)、耳鼻咽喉・頭頸部外科(1人)、泌尿器科(3人)、産掃人科(9人)、放射線科(6人)、麻酔科(6人)、救急科(9人)、リハビリテーション科(1人)、総合診療科(3人)、皮膚科(2人)、精神科(2人)、病理診断科(2人)、歯科口腔外科(5人)
研修医数
56
研修医の出身大学
1年次
札幌医科大学, 岩手医科大学, 自治医科大学, 東京大学, 横浜市立大学, 愛知医科大学, 滋賀医科大学, 関西医科大学, 広島大学, 徳島大学, 九州大学, 佐賀大学, 長崎大学, 大分大学, 熊本大学, 琉球大学, その他

2年次
秋田大学, 山形大学, 福島県立医科大学, 自治医科大学, 群馬大学, 順天堂大学, 東京医科歯科大学, 東京慈恵会医科大学, 東京女子医科大学, 聖マリアンナ医科大学, 山梨大学, 信州大学, 三重大学, 滋賀医科大学, 京都府立医科大学, 大阪市立大学, 神戸大学, 島根大学, 山口大学, 愛媛大学, 鹿児島大学, 琉球大学
研修後の進路
希望者は専門研修に応募できる。
基幹プログラム:内科、外科、小児科、産婦人科、救急科、総合診療科
連携プログラム:多数