データ協力: HOKUTOresident
2020年度 病院・研修プログラムの特徴
和歌山県全ての病院で研修出来る(研修受け入れ病院に限る)。全科ある。外科系だけでなく内科系も充実。先生の指導も良い
5年 2020年度 病院・研修プログラムの特徴
1年次は内科6ヶ月+救急3ヶ月間、2年次は地域医療1ヶ月+必修科目(外科、麻酔科、神経精神科、小児科、産科婦人科のうち2科)最短1ヶ月ずつが必修。残りは自由選択となるため、とても自由度が高い。
5年 2020年度 病院設備
研修医の数が多い。研修医用の部屋が設けられており、楽しくおしゃべりしているところをよく見る。また、県内出身者が多いため良くも悪くも大学の延長線のような雰囲気です。
6年 2020年度 周辺環境
特急はとまりませんが駅から近く和歌山駅まで10分ほどです。海が近く景色が綺麗だと思います。また都会に比べ家賃に対して部屋は広めです。スーパーなどは多い。
4年 2020年度 周辺環境
駅から5分程度であり、コンビニ、スーパー、チェーン店などが並ぶ国体道路に面しているので、生活環境は不便なことはないと思う。
既卒1年目 2020年度 給与・福利厚生・QOL
1ヶ月単位で好きなようにプログラムを組め、外病院にも沢山行けるので自由の高さに魅力を感じました。志望科が決まっている人にも、そうでない人にもぴったりだと思いました。
5年 2020年度 病院・研修プログラムの特徴
救命救急が有名。全国でもかなり上の順位である。また、大学、市中、県外など自由に色々と周れるのがとても魅力的だと思いました。毎年、留学する人も数名いるとのこと。
4年 2020年度 病院・研修プログラムの特徴
自由度の高いプログラムが売りの大学病院で、具体的には三ヶ月前までなら研修先の科の変更ができ、柔軟に対応してもらえる。研修していく中で、将来進もうとする診療科や専門領域が変わっても対応してくれるのは精神的に安心材料になるのではないだろうか。募集人数は比較的多いが、各科の先生とは距離が近いらしく、コメディカルとのコミュニケーションも充実しているらしい。ClosedICU、HCUが有るので興味のある人は見学をお勧めします。初期研修期間が終了する頃には実力が付いているはずですとの事。もっと具体的には二次救急を一人で処置するか、コンサルを呼ぶかの判断が出来るようにするところが最終目標らしい。たすき掛けもあり地元密着型の研修になる。
6年 2021年度 病院・研修プログラムの特徴
研修は普通の大学病院のかんじですが、かなりの経験が積めるとおもわれます。体育会系で面白い人が多く、楽しいとおもわれます
5年 2021年度 周辺環境
国体道路沿いには、スーパーから飲食店までなんでも揃っているため、生活に困ることはない。車があればイオンにも行ける。
5年 2021年度 研修医・指導医の雰囲気
和歌山県立医科大学出身の研修医が多いですが、研修医室が大きく、病棟や医局からも少し離れたところにあるので、快適に過ごせると思います。
6年 2021年度 周辺環境
国体道路沿いにチェーン店のレストランがたくさんあるので、車があれば不自由なく暮らせるとおもう。最近お店が増えてきているように思われる。
5年 2021年度 給与・福利厚生・QOL
病院の横の新しい建物に研修医ルームがある。上級医があまり通りかからない場所なのでリラックスできそう。忙しさは科によってまちまち。帰宅時間が毎日21時を超えるようなところもあれば、絶対に定時に帰れるところもある。
×

公立大学法人 和歌山県立医科大学 和歌山県立医科大学附属病院

和歌山県和歌山市紀三井寺811-1

初期研修
大学病院
1次救急
救急車5000~7000件
募集10人〜
屋根瓦式
保育・託児所
復職支援あり
海外留学
ER型救急

病院データ

基本データ

病床数
800
救急車台数/年
5038
救急外来数/年
11239
一般外来数/日
1483
1件のプログラムが登録されています
概要と所在地
病院名
公立大学法人 和歌山県立医科大学 和歌山県立医科大学附属病院
所在地
和歌山県和歌山市紀三井寺811-1
アクセス
鉄道
新大阪・天王寺からJR特急くろしおで和歌山駅乗換
JRきのくに線 紀三井寺駅下車 徒歩約7分
バス
和歌山バス「医大病院」下車すぐ
和歌山バス・有田鉄道バス「医大病院前」徒歩約3分
和歌山バス「医大病院東口」徒歩約4分
※主要駅(JR和歌山駅・海南駅・南海和歌山市駅)から運行
病院の周辺環境
和歌山市内で展開するスーパー『ゴトウ本店 紀三井寺店』や国体道路沿いにある『スーパーセンターオークワ セントラルシティ和歌山店』、家電量販店の『ヤマダ電機テックランド和歌山店』、24時間営業スーパー『ラ・ムー』、DVD・CDレンタルショップ『ゲオ』などが大学病院周辺の徒歩10分圏内にあり、生活するのにも大変便利です。
また、飲食店では、『くら寿司』『ケンタッキーフライドチキン』『モスバーガー』『餃子の王将』『サイゼリア』『ビックリドンキー』等、全国展開するファストフード店も徒歩圏内に揃っています。
病院の特徴
和歌山県立医科大学附属病院は、高度で先進的な医療を提供し、あらゆる分野の疾患に対して総合的な診療ができる県内で唯一の特定機能病院です。また、都道府県がん診療連携拠点病院、高度救命救急センター、総合周産期母子医療センターなど多くの指定を公的機関から受けています。手術支援ロボット「ダヴィンチ」、強度変調型放射線治療「トモセラピー」、心血管疾患に対して新たに血管内治療と外科的治療を組み合わせた「ハイブリット手術室」など、最先端医療の充実を図り、患者さんにより安全で正確な手術を提供しています。
ウェブサイト
http://www.wakayama-med.ac.jp/med/sotugo/index.html
詳細データ
病院長
中尾 直之 (出身大学: 和歌山県立医科大学)
病床数
800
外来数
1483件/日
救急外来数
11239件/年
救急車搬送数
5038件/年
分娩数
464件/年
入院患者数
633.6件/日
在院日数
12.6日
救急指定
1次救急 2次救急 3次救急 ER型救急
診療科目
糖尿病・内分泌・代謝内科、消化器内科、呼吸器内科・腫瘍内科、循環器内科、腎臓内科(人工透析)、血液内科、脳神経内科、リウマチ・膠原病科、小児科、神経精神科、心臓血管外科・呼吸器外科・乳腺外科、消化器・内分泌・小児外科、脳神経外科、整形外科、形成外科、泌尿器科、産科・婦人科、眼科、耳鼻咽喉科・頭頸外科、皮膚科、歯科口腔外科、放射線科、リハビリテーション科、救急科、麻酔科、病理診断科
取得可能専門医科目(基幹型のみ)
内科、総合診療科、小児科、皮膚科、精神科、外科、整形外科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、泌尿器科、脳神経外科、放射線科、麻酔科、病理診断科、救急科、形成外科、リハビリ科
最新設備機器
CT4台、MRI3台、血管撮影装置3台、手術支援ロボット(ダヴィンチ)2台など、すべての高度医療機器
指導医・研修医データ
指導医数
204名
指導医数詳細
内科(71)、外科(17)、救急部門(12)、小児科(13)、産婦人科(9)、神経精神科(7)、脳神経外科(11)、整形外科(10)、形成外科(4)、泌尿器科(5)、耳鼻咽喉科・頭頸外科(5)、眼科(8)、皮膚科(2)、放射線科(9)、リハビリテーション科(6)緩和ケア(2)、麻酔科(8)、病理診断科(4)、臨床検査医学(1)
研修医数
123名
研修医の出身大学
和歌山県立医科大学、関西医科大学、近畿大学、東海大学、兵庫医科大学、島根大学、宮崎大学、徳島大学、大阪市立大学、大阪大学、福井大学、広島大学、香川大学、鹿児島大学、山口大学、自治医科大学
研修後の進路
和歌山県立医科大学学内助教、和歌山県立医科大学大学院、和歌山県内地域中核病院、県外病院等