データ協力: HOKUTOresident
4年 2020年度 病院・研修プログラムの特徴
救急を2年間通して研修することができる。研修医が少ないため、手技をたくさんやらせてもらえそうであった。1年目が終わる頃には救急車の受け入れの判断や、初期対応を一通り1人で行えるようであった。
4年 2020年度 研修医・指導医の雰囲気
スタッフの方々がすれ違うときに気持ちよく挨拶をしているのが印象的でした。新潟県で研修医を受け入れている病院としては最も小規模な病院で、医師、看護師、事務職員など職種を問わずに仲がよさそうでした。研修医は例年2、3人入ってくることが多くアットホームな様子でした。
4年 2020年度 病院設備
6階建ての病院で、上層階はリハビリテーション病棟や在宅に向けた病室があり、下層階には急性期の病室がある。2階には透析室もある。院内見学するとわかるが、シンプルでわかりやすい構造をしている。1階には売店や食堂がある。
4年 2020年度 給与・福利厚生・QOL
給与は比較的高めであり、土日は完全に休めるということである。毎日定時で帰っているようで、たまに循環器のときは遅くなることもあるそうだ。
×

社会医療法人新潟勤労者医療協会 下越病院

新潟県新潟市秋葉区東金沢1459番地1

初期研修
市中病院
救急車~3000件
募集5〜9人
屋根瓦式
保育・託児所
見学補助あり
住宅補助・寮

病院データ

基本データ

病床数
261
救急車台数/年
救急外来数/年
一般外来数/日
393
1件のプログラムが登録されています
概要と所在地
病院名
社会医療法人新潟勤労者医療協会 下越病院
所在地
新潟県新潟市秋葉区東金沢1459番地1
アクセス
JR新津駅よりバス10分
磐越自動車道 新津ICより1分
病院の特徴
私たちの病院は、1953年に開設された小さな診療所を前身とし、
地域の友の会(現在は1万6千人)と職員の力で1976年に建設されました。
開院後も順次整備拡大が行われ、
現在は一般病棟 225床(HCU 4床) と回復期リハビリテーション病棟 (36床) の合計 261病床を有しています。
また、特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、訪問看護ステーション、内科診療所、歯科診療所をグループの中に持っており、
これらと連携して健診、外来、入院、在宅医療そして介護を実践し、地域の医療要求にこたえる努力を続けています。
ウェブサイト
http://niigata-min.or.jp/kaetsu/
詳細データ
病院長
山川 良一 (出身大学: 新潟大学)
病床数
261
外来数
393件/日
救急外来数
4,000件/年
救急車搬送数
1,800件/年
分娩数
0件/年
入院患者数
243件/日
在院日数
12日
救急指定
2次救急
診療科目
内科、循環器内科、消化器内科、呼吸器内科、神経内科、糖尿病内科、
外科、整形外科、心臓血管外科、小児科、婦人科、泌尿器科、皮膚科、
リハビリテーション科、リウマチ科、麻酔科
取得可能専門医科目(基幹型のみ)
総合診療科
指導医・研修医データ
指導医数
計17名
指導医数詳細
内科・救急科:11名
外科:2名
小児科:1名
リハビリ科:1名
救急科:1名
整形外科:1名
※指導医講習会受講者
研修医数
計4名(男性2名/女性2名)
研修医の出身大学
新潟大学、北里大学、山形大学、愛知医科大学
研修後の進路
当病院/卒業大学