データ協力: HOKUTOresident
5年 2020年度 病院・研修プログラムの特徴
研修プログラムの自由度が高いところが魅力的だった。豊洲や藤が丘など昭和の系列病院も選択できる。大学病院なので指導体制もしっかりしていて手厚いと感じた。先生たちは質問すれば快く応えてくれそう。やる気次第でいくらでも充実した研修にすることが可能。
5年 2020年度 病院・研修プログラムの特徴
産婦人科が強く、説明会やセミナーなど積極的に行われている。産婦人科希望の人は一度説明を聞きにいってみてもいいかもしれない。
6年 2020年度 病院・研修プログラムの特徴
指導医の数はどの科でも多い。各科では症例のプレゼンテーションを研修医が行うことが多い。手技は決して少なくはないと思う。
5年 2020年度 研修医・指導医の雰囲気
研修医のやる気によって力がつくかが決まる。やる気を見せれば色々教えて頂ける雰囲気だった。
5年 2020年度 研修医・指導医の雰囲気
実習内容としても器具の操作や手術見学等、様々なことをやらせていただき大変勉強になった。また患者説明に同伴することで、疾患の説明の仕方なども学習することができた。
5年 2020年度 研修医・指導医の雰囲気
大学病院なので症例数も多く、経験できることは多いと思います。研修医は同期数も多く、共に切磋琢磨して頑張っている印象。
6年 2020年度 研修医・指導医の雰囲気
研修医の方々も指導医の先生方も優しくて雰囲気が良かった。大学病院なので珍しい疾患を実際に見ることができた。
5年 2020年度 研修医・指導医の雰囲気
上級医、研修医ともに人数が多く、症例数も多いため、様々な経験ができる。カンファレンスでの発表なども多く、プレゼン力も身に付くと思う。
5年 2020年度 研修医・指導医の雰囲気
研修医には他大学出身者が多い。同期の人数も多く、お互いに切磋琢磨し合いながら研修している様子だった。
6年 2020年度 研修医・指導医の雰囲気
とても雰囲気がよかった。特に他大学出身に対しても優しくしてくれた。病院も綺麗で、タリーズなんかもある。
6年 2020年度 研修医・指導医の雰囲気
8時に集合、午前は外来と手技、午後はカンファレンスをみせていただいた。皮膚科を見学したが、とても良い雰囲気だった。皮膚科だからなのかもしれないが女性の方が多く、また子供がいる女医さんは早く帰っていて、手厚い対処がなされているなと思った。
6年 2020年度 研修医・指導医の雰囲気
雰囲気はとても良く、見学の際に指導医の先生2人に案内していただいた。大学病院なので設備も良く、病院自体は綺麗だった。
6年 2020年度 研修医・指導医の雰囲気
全体的に上下関係は強くなく、学閥も感じられず働きやすいとは感じる。プライベートと仕事を両立したい人には良いと感じる。
6年 2020年度 病院設備
産婦人科が強い。かなりの人数が入局しており、産婦人科医が不足していると言われてることを感じさせない圧倒的なマンパワーがある。当直の頻度も適正な数になっており働きやすい病院。臨床だけでなく学術活動も積極的。他大学出身の先生方が多く他の大学からも行きやすい雰囲気。
5年 2020年度 周辺環境
東京にあるので、どこに行くにもアクセスが良く便利そうだった。しかし大学の周りはそんなに混雑しているわけではなく、バランスの良い環境だった。
6年 2020年度 周辺環境
東急旗の台駅が最寄りであり、五反田、自由が丘、品川、渋谷などへのアクセスが非常に良いためオフの日も楽しめることができる。
5年 2020年度 周辺環境
病院がある周辺は品川区ではあるが、落ち着いており騒がしくなくてよい。渋谷、五反田など都心へのアクセスはとても便利である。
6年 2020年度 給与・福利厚生・QOL
全体として大学病院の中では給与は良い方に当たると思う。福利厚生もちゃんとしていて良い病院であると考える。
5年 2020年度 研修医・指導医の雰囲気
研修医同士が1年目、2年目に関わらず仲が良く雰囲気が良かった。研修医室は広々としていた。食堂もあるが、販売車も複数来ており、毎日違うものが食べられて楽しそうであった。救急科を見学したが、搬送されると研修医5人くらいでファーストタッチをしているので人が余っているほどだった。上級医もいてくれるので良い環境であった。
4年 2020年度 周辺環境
病院のある旗の台は五反田と近いため、遊びに行くには苦労しない。大学キャンパスにケータリングのお店が来ているため、昼飯はそこで買っている先生も多い。
×

昭和大学病院

東京都品川区旗の台1−5−8

初期研修
後期研修
大学病院
募集10人〜
屋根瓦式
住宅補助・寮

病院データ

基本データ

病床数
815
救急車台数/年
7984
救急外来数/年
10074
一般外来数/日
1339
5件のプログラムが登録されています
概要と所在地
病院名
昭和大学病院
所在地
東京都品川区旗の台1−5−8
アクセス
都内主要駅からのアクセス JR→東急

東京駅~旗の台駅 : 約25分(大井町経由)
新宿駅~旗の台駅 : 約27分(五反田経由)
品川駅~旗の台駅 : 約12分(大井町経由)

昭和大学病院は旗の台駅より徒歩約5分となります。
病院の周辺環境
最寄り駅(東急 旗の台駅)より徒歩5分
 商店街(飲食店、コンビニ、銀行)あり
病院の特徴
昭和大学病院の前身である昭和医学専門学校附属医院は昭和3年(1928年)5月に開院し、以後、東京城南地区の中核病院として永く国民の医療に寄与してきました。同医院は建学の理念である「至誠一貫」の下、優れた臨床医を育成し、真心をもって医療活動を展開してきましたが、昭和大学病院もその歴史、その精神を受け継ぎ、幾多の困難な時代を克服しながら今日まで、地域医療の質の向上に努めています。
当院は、「患者本位の医療」「高度医療の推進」「医療人の育成」を理念とし、患者のQOLを重視した安全かつ高度な医療を提供するとともに、特定機能病院として地域医療機関との連携を深めその任を全うしています。また、卒後臨床研修活動も積極的に行い、特に医師としての奉仕の精神、医学研究者としての謙虚さと人間愛に富んだ人材の養成に力を注ぎ大きな成果を挙げています。
昭和大学病院は高層の入院棟および中央棟の2棟から成っており、近接の昭和大学病院附属東病院と有機的に連携し両病院一体となった運営がなされています。全館にオーダリング・システムを導入し、救急医療センターでは初期から三次救急まで対応を行っています。
ウェブサイト
https://www.showa-u.ac.jp/SUH/index.html
詳細データ
病院長
相良 博典
病床数
815
外来数
1339.4件/日
救急外来数
10074件/年
救急車搬送数
7984件/年
分娩数
1398件/年
入院患者数
609.1件/日
在院日数
10.3日
救急指定
3次救急
診療科目
呼吸器・アレルギー内科、リウマチ・膠原病内科、糖尿病・代謝・内分泌内科、腎臓内科、消化器内科、血液内科、循環器内科、脳神経内科、腫瘍内科、救急診療科、感染症内科、緩和医療科、精神神経科、呼吸器外科、心臓血管外科、小児心臓血管外科、消化器・一般外科、食道外科、乳腺外科、小児外科、脳神経外科、整形外科、リハビリテーション科、形成外科、産婦人科、眼科、小児科、小児循環器内科、耳鼻咽喉科、皮膚科、泌尿器科、放射線科、放射線治療科、麻酔科、救命救急科、集中治療科、臨床病理診断科、東洋医学科、歯科・口腔外科、歯科麻酔科
取得可能専門医科目(基幹型のみ)
内科、総合診療科、小児科、皮膚科、外科、整形外科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、泌尿器科、脳神経外科、放射線科、麻酔科、病理診断科、臨床検査科、救急科、形成外科、リハビリ科
指導医・研修医データ
指導医数
156
指導医数詳細
内科、感染症内科、外科、脳神経外科、乳腺外科、整形外科、小児外科、リハビリテ-ション科名、形成外科、産婦人科、小児科、耳鼻咽喉科、皮膚科、泌尿器科、放射線科、麻酔科、集中治療科、緩和医療科、救急、病理診断科
研修医数
74
研修医の出身大学
昭和大学、東京医科大学、北里大学、聖マリアンナ医科大学、東京女子医科大学 他
研修後の進路
大半が臨床医の道に進み、そのうち約7割が昭和大学附属病院、その他は全国の市中病院並びに私立・国公立大学附属病院に就職