岐阜県厚生農業協同組合連合会 中濃厚生病院

岐阜県関市若草通5丁目1番地

初期研修
専門(後期)研修
市中病院
救急車3000~5000件
募集10人〜
マンツーマン
屋根瓦式
保育・託児所
見学補助あり
住宅補助・寮
ER型救急

病院データ

基本データ

病床数
495
救急車台数/年
3202
救急外来数/年
8267
一般外来数/日
218608
口コミ投稿
3件のプログラムが登録されています
概要と所在地
病院名
岐阜県厚生農業協同組合連合会 中濃厚生病院
所在地
岐阜県関市若草通5丁目1番地
アクセス
◇ 自動車でお越しの場合
 ・東海北陸自動車道 関I・C 美濃I・Cより車で約10分
◇ 公共交通機関でお越しの場合
 ・長良川鉄道 関市役所前駅下車 徒歩約15分
 ・岐阜バス 関市役所前わかくさプラザバス停下車 徒歩約10分
 ・岐阜バス(関東山線)→ 安桜公園前下車徒歩20分
病院の周辺環境
当院が立地する岐阜県関市は、地理学的にも人口重心の観点からもほぼ日本の中心となります。また、東海北陸自動車道と東海環状自動車道が交わる交通の拠点となる街です。全国的にも有名な鵜飼で知られる清流長良川や奥美濃の山々などの自然に恵まれ、世界遺産に登録された美濃和紙や名刀関の孫六で有名な刀鍛冶などの古来から伝統を受け継ぐ所です。また、鮎やウナギ・飛騨牛などの食べ物が美味しい土地です。
病院の特徴
鵜飼で知られる長良川の中流域の関市に立地し、流域の美濃市・郡上市を含む人口約15万人の地域をカバーする中濃医療圏の基幹となる病院です。3次救急を担う救命救急センターを併設しており、一般診療から3次救急医療まで高度で幅広い医療を地域に提供しています。
詳細データ
病院長
赤松 繁 (出身大学: 岐阜大学)
病床数
495
外来数
903.3件/日
救急外来数
8247件/年
救急車搬送数
3202件/年
分娩数
65件/年
入院患者数
121328件/日
在院日数
13.0日
救急指定
3次救急 ER型救急
診療科目
内科、循環器内科、消化器内科、呼吸器内科、神経内科、心療内科、血液内科、腎臓内科、小児科、外科、肛門外科、整形外科、脳神経外科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、麻酔科、リハビリテーション科、放射線科、内分泌内科、肝臓内科、消化器内視鏡内科、消化器外科、血管外科、肝臓・胆嚢・膵臓外科、乳腺内分泌外科、神経小児科、呼吸器外科、病理診断科、救急科、歯科・口腔外科
取得可能専門医科目(基幹型のみ)
内科、麻酔科
最新設備機器
全身用320列CT装置 / CT併用X線血管撮影装置 / マルチスライスCTスキャナ / 磁気共鳴コンピューター断層撮影装置(3.0テスラ):MRI / 磁気共鳴コンピューター断層撮影装置:MRI / PET-CT装置 / 循環器X線診断装置 / 移動型X線テレビ装置(3Dイメージ)/ 体外衝撃波破砕装置 / ガンマカメラシステム / 胸腔鏡カメラシステム / 救命救急センター患者生体情報システム / 誘発電位・筋電図検査装置 / 網膜断層解析装置(OCTスキャナー・アンギオモデル)/ 放射線治療システム(リニアック)/ 手術用ナビゲーションシステム /手術室部門患者情報システム
指導医・研修医データ
指導医数
49
指導医数詳細
呼吸器内科2名、循環器内科5名、消化器内科6名、内分泌糖尿病内科2名、血液内科1名、小児科3名、外科7名、呼吸器外科1名、整形外科5名、産婦人科2名、耳鼻咽喉科2名、脳神経外科2名、泌尿器科3名、麻酔科3名、救急科3名、放射線科1名、歯科口腔外科1名
研修医数
19
研修医の出身大学
岐阜大学、北海道大学、岩手医科大学、山形大学、筑波大学、自治医科大学、杏林大学
東京女子医科大学、日本大学、東海大学、富山大学、金沢大学、福井大学、山梨大学、浜松医科大学、名古屋市立大学、藤田医科大学、愛知医科大学、三重大学、滋賀医科大学、和歌山県立医科大学、関西医科大学、近畿大学、島根大学、広島大学、山口大学、徳島大学、長崎大学、熊本大学、宮崎大学

研修後の進路
本人の希望を最大限尊重します。
引き続き、当院に勤務される場合は常勤職員として採用します。