データ協力: HOKUTOresident
5年 2020年度 病院・研修プログラムの特徴
研修医の給料については働き方改革で、色んなWebにかいてあるような金額ほどは望めなさそう。しかしそれでも他の病院に比べたら給料は高いとのこと。
5年 2020年度 研修医・指導医の雰囲気
研修医の先生方は皆仲が良く、1年目2年目分け隔てなく仕事や勉強をしていた印象。上の先生もある意味でゆるくあまり厳しく何をしろとは言わないが、全ての研修医が率先して仕事をし、わからないことは質問しフィードバックを受けていたことが好印象。自分から積極的に仕事をして、質問したり、手技をさせてもらったりしたい人におすすめ。
既卒1年目 2020年度 給与・福利厚生・QOL
県内ではややハードな方であるらしいが、全国レベルで考えればそれほどではないのではないか。以前程ではないがまだ給与は高いようである。
既卒1年目 2020年度 給与・福利厚生・QOL
数年後に建て替えらしいがとにかく建物が古い。以前に比べて人気あがってるようだが、綺麗な病院がいいい人は考えた方がいい。 この病院の口コミはございません。
×

荒尾市民病院

熊本県荒尾市荒尾2600番地

初期研修
市中病院
救急車~3000件
募集5〜9人
保育・託児所

病院データ

基本データ

病床数
274
救急車台数/年
2001
救急外来数/年
9080
一般外来数/日
349
1件のプログラムが登録されています
概要と所在地
病院名
荒尾市民病院
所在地
熊本県荒尾市荒尾2600番地
アクセス
■JR荒尾駅より
産交バス荒尾市民病院前下車
(タクシー約10分)

■九州自動車道
南関ICより約30分
病院の特徴
~2024年度に新病棟が完成予定~
当院は荒尾市唯一の急性期病院で、自治体病院として、また、有明地域の中核病院として、市民はもとより有明地域住民の医療の安心と安全、健康の維持増進のため、最新の高度で良質な医療の提供を行っています。特にウォークインで来院される救急患者の中に含まれる三次救急の患者を見落とさないことが重要と考え指導を行っています。地域住民に必要とされ、信頼される、そして支えられている”いい病院づくり”に全職員一丸となって励んでいます。
ウェブサイト
http://www.hospital.arao.kumamoto.jp/
詳細データ
病院長
勝守 高士
病床数
274
外来数
349件/日
救急外来数
9080件/年
救急車搬送数
2001件/年
分娩数
10件/年
入院患者数
220件/日
在院日数
18.9日
救急指定
2次救急
診療科目
内科、小児科、循環器内科、脳神経内科、呼吸器内科、血液内科、消化器内科、糖尿病・内分泌内科、腎臓内科、緩和ケア内科、泌尿器科、皮膚科、放射線治療科、画像診断・治療科、外科、脳神経外科、産婦人科、整形外科、形成外科、リハビリテーション科、救急科、眼科、病理診断科、麻酔科、精神科、耳鼻咽喉科
指導医・研修医データ
指導医数
計32名
指導医数詳細
外科 7名、整形外科 3名、消化器内科 1名、脳神経外科 1名、放射線診断科 1名、血液内科 1名、循環器内科 4名、病理診断 1名、救急科 1名、麻酔科 4名、産婦人科 2名、糖尿病・内分泌内科 1名、小児科 1名、脳神経内科 2名、腎臓内科 1名、皮膚科 1名
研修医数
10名