地方独立行政法人 北九州市立病院機構 北九州市立八幡病院

福岡県北九州市八幡東区尾倉2丁目6番2号

初期研修
専門(後期)研修
市中病院
救急車3000~5000件
募集1〜4人
マンツーマン
保育・託児所
住宅補助・寮

病院データ

基本データ

病床数
350
救急車台数/年
3604
救急外来数/年
36047
一般外来数/日
539
口コミ投稿
2件のプログラムが登録されています
概要と所在地
病院名
地方独立行政法人 北九州市立病院機構 北九州市立八幡病院
所在地
福岡県北九州市八幡東区尾倉2丁目6番2号
アクセス
JR鹿児島本線
 八幡駅から南へ徒歩9分

西鉄バス
「市立八幡病院」病院敷地内
「八幡駅入口第一・第二」から徒歩で6分

都市高速道路
 大谷インターから車で5分
 東田インターから車で5分
病院の特徴
理念と特徴
 「私たちは、24時間、質の高い医療を提供し、皆様に、安心、信頼、満足していただける病院を目指します」を基本理念とし、北九州市と近郊地域の基幹病院として一般診療を行うと共に、救命救急センター、小児救急・小児総合医療センターを併設して、北九州市及び近郊130万人を対象とした1次から3次までの成人、小児救急医療を担当しており、救急外来症例数は約36,000件と全国的にみても豊富です。さらに、北九州市地域防災計画及び北九州市医師会医療救護計画に基づき、院内に災害医療作戦指令センター(DMOC:Disaster Medical Operation Center)が設置されており、有事の際には当院が中心として様々な指令を出す形となります。
 また、当院小児科は「小児救急・小児総合医療センター」として、多くの小児科専門医・救急専門医・集中治療専門医と多くの専攻医によりチーム医療を基本として診療を行っており、小児科だけで外来診療件数は年間約51,400件と全国でもトップレベルです。
詳細データ
病院長
伊藤 重彦 (出身大学: 長崎大学)
病床数
350
外来数
539件/日
救急外来数
36047件/年
救急車搬送数
3604件/年
分娩数
0件/年
入院患者数
252件/日
在院日数
11.2日
救急指定
3次救急
診療科目
内科、循環器内科、小児科、外科、呼吸器外科、消化器外科、肝臓外科、胆のう外科、膵臓外科、内視鏡外科、小児外科、脳神経外科、整形外科、リハビリテーション科、形成外科、皮膚科、泌尿器科、婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、放射線科、救急科、麻酔科、精神科、歯科、臨床検査科
取得可能専門医科目(基幹型のみ)
小児科、救急科
最新設備機器

2018年12月22日に新築移転し次のような最新鋭の設備を備えています。
ハイブリッド手術室(バイプレーン機能搭載の血管造影装置及びCT装置(全身用)を併設)、CT装置(全身用)×2台、MRI、デジタルガンマカメラ、X線透視装置、一般X線撮影装置、デジタル乳房X線撮影装置、体外衝撃波結石破砕装置など 他多数。
指導医・研修医データ
指導医数
35名
研修医数
5名
研修医の出身大学
【過去3年】
久留米大学、九州大学、山口大学、産業医科大学、大分大学、島根大学、長崎大学、熊本大学、杏林大学
研修後の進路
当院にレジデントとして勤務可能