指導医インタビュー

JA広島厚生連

JA尾道総合病院

広島県尾道市平原1丁目10番23号

名前
花田 敬士(はなだ けいじ) JA尾道総合病院診療部長、指導医
職歴経歴
1963年に広島県尾道市に生まれる。1988年に島根医科大学(現 島根大学)を卒業する。2003年にJA尾道総合病院内視鏡センター長に就任する。2011年にJA尾道総合病院診療部長に就任する。
学会等
広島大学医学部臨床教授、日本内科学会総合内科専門医・指導医、日本消化器病学会専門医・指導医・学術評議員、日本消化器内視鏡学会専門医・指導医・財団評議員、日本胆道学会認定指導医・評議員(広報委員会・認定資格制度審議委員会)、日本膵臓学会評議員(膵癌診療ガイドライン改訂委員会、膵嚢胞性腫瘍委員会、評議員選考委員会、認定資格制度審議委員会、指導施設認定委員会)、日本医師会認定産業医、日本臨床腫瘍学会暫定指導医、日本がん治療認定医機構暫定教育医・がん治療認定医、厚生労働省難治性膵疾患班研究共同研究者など。

JA尾道総合病院の初期研修、後期研修の特徴をお聞かせください。

来ていただいた後期の研修医の先生たちがどうしたいかという意向に沿って、自由度が高いプログラムを組ませていただくようにしています。指導医として、これは絶対に抑えておいてほしいという項目は抑えていますが、それ以外は基本的に本人の希望を尊重して、自由闊達にプログラムを組むようにしています。

花田先生のいらっしゃる消化器内科の特徴もお聞かせください。

肝臓、胆膵、消化管と消化器内科を統括する3つの代表的な専門分野があるんですが、お蔭様で人員が15人おり、それぞれに充分経験を積んだ指導医がいますので、非常にクオリティが高い研修ができています。地域に根差した病院なので、医師会の先生達との距離も近く、共同で何かさせていただく機会も多いので、病診連携が非常に良く取れています。中核病院にいると自分が何でもできそうな錯覚に陥るのですが、研修の中で私が一番に申し上げているのは「そうじゃないんだよ。自分たちの診療は地域の先生方に支えられた中で成長しているものだから、地域の先生方を特に大事にしなさい」ということですね。これは初期も後期も関係ありません。いずれは研修医も地域医療に貢献する立場になって仕事をしなければいけないときが来ますから、その気持ちを忘れないでほしいと思っています。

地域包括ケアを見事に実現されていますが、膵臓がんの0期、1期からの発見などは、花田先生がこちらに来られてからスタートされたんですよね。

2007年に尾道市医師会の正式なプロジェクトとして始まりました。1997年私がここへ赴任して21年経ちますが、色々な準備期間を経て、医師会の先生方に了承いただいたうえで立ち上げたものです。はじめの10年間は大変でしたね(笑)。地域の開業医の先生方のご協力がないと、いくら私どもが現場に下りて、膵臓がんになりやすいと思われる方を拾い上げようとしても、病院の中で集められる数は決まっています。紹介していただく方を診る以外ないわけですし、我々が往診に行くことはできません。我々の考えていることを具現化していただく地域の先生方のお力がないと、この結果は出なかったと思います。

膵臓がんの5年生存率は平均を大きく上回る20%を達成され、テレビ出演などもされて全国的に注目されていますが、通常であれば生存率も非常に低いと思うのですが。

平均が6.5%や7%という世界ですので、5年生存の方が出てこられて本当に良かったですし、外来で「先生に助けていただきました」と言ってくださる方が増えてきていますので、嬉しいですね。でもまだたった2割ですからね。これを3割、4割にしていかなければならないと思っているので、まだまだ努力が足りませんし、やらなければいけないことが多くあります。

そのような細かい診断も、研修医自ら経験できるのでしょうか。

もちろんです。画像を拾い上げるヒントとして、研修医は実際に自分でエコーをしますので、エコーで各臓器を見るときの最低限の注意点は伝えます。エコーの役割は隠れているものをあぶり出すことにありますが、所見でもエコーで全て完結することはまずありませんので、研修医はエコーの次に行う検査の流れを十分理解しなくてはいけません。研修医がエコーで異常がないと書いてしまうと、私たちは精査を出来なくなりますから、少しでも気になることがあればそれを注記し、なるべく「異常なし」とは書かないように指導しています。

新専門医制度は以前とどのような違いがありますか。

広島県は卒後3年目の医師を広島大学を中心として、医師を配置しています。今年度は、各病院が基幹病院に手を上げました。当院でも基幹病院として申請し、いくつかお問い合わせもあったんですが、今年は全員、広島大学のプログラムにご参加頂く形になりました。

そうすると今後の後期研修医は広島大学をベースに、連携型としてJA尾道総合病院へ来られるのでしょうか。

基本的にはそうですね。消化器内科や循環器内科、呼吸器内科なども大学に入局し、大学の指導のもとでという従来の形と大きくは変わりません。卒後3年次は大学の医局から何人かが派遣されてくるという形です。平成30年度に関しては、卒後3年次の後期研修医が1人着任する予定です。着任後は「内科専攻科」に所属していただき、大学と連携して研修を開始する予定です。

先生はどのような研修医時代を過ごされたのでしょうか。

当時の広島大学では内科の中でのローテートがありました。第一内科、第二内科、第三内科、血液内科と4つの内科があったので、2年間でその4つの内科を全てローテーションし、3年次に入局するかどうかを決めるという形でした。全科ではなく、内科だけのローテートバージョンでしたが、現在の研修医の気持ちはある程度理解できます。ローテートして実際にその輪の中に入ってみないと分からないこともあります。学生の臨床実習で回っていたときと、実際に仕事をしてからだとやはり接触の濃さが全然違うと思いましたね。

研修医に指導する際、心がけていらっしゃることはどんなことでしょうか。

欠点を見ないことです。誰でも欠点はあり、上の立場にいるからといって完全無欠であることはありえないですから、研修医から教わることもありますし、自分以外は皆師匠だと思っています。研修医から学ばせてもらうことが多くありますので、とにかく人の噂は信じないこと、欠点を見ないことですね。どんな人にでも必ず長所はあるので、その長所に目を向けて、そこを引き出してあげることを心がけています。

内科のカンファレンスについてお聞かせください。

内科のカンファレンスは非常に朝が早くて、7時半集合でほぼ毎日何かやっていますね。土日は救急車での患者さんが多く入ってこられるので、月曜日は救急を含めた総合カンファレンスをしています。火曜日は研修医が独自でカンファレンスをしています。水曜日は朝8時から英文抄読会をしています。木曜日は症例検討で、初期研修医が自分の受け持っている患者さんで印象に残っている方や困っている症例を皆の前でプレゼンをする練習をします。金曜日は朝7時45分からがんの患者さんで、診療に困っている方の方向性を決めるキャンサーボードカンファレンスをしています。毎週火曜日は胆膵カンファレンスを18時ぐらいから21時半ぐらいまでやっています。木曜日は初期研修医や後期研修医も含め、内視鏡スタッフの全員が集まって内視鏡カンファレンスをしています。

カンファレンスの中で一番心がけていることはどんなことでしょうか。

「黙るな、喋れ」ですね。「恥はかきなさい、誰も何も言わないし、そのかわり理不尽なことは駄目です」と言っています。例えば、上級医に当然通報しなければいけないことを自分の判断で勝手にやるのは駄目ですよね(笑)。間違いは誰にでもありますから、自分が考えてやったことが裏目に出たというのは間違いではありません。そんなときは頭ごなしに怒るのではなく、彼らの言い分をきちんと聞いて、なぜその間違った方向に行ってしまったのか、本人に気づかせるようにしています。

当直体制について、お聞かせください。

バランスを考え、第1当直と第2当直という制度を設けています。第1当直は救急車を、第2当直はウォークインで来られる患者さんを診る体制にしていて、第2当直には全科の医師が入ります。初期研修医は第1当直、第2当直の副当直としてどちらにも入ります。ウォークインで、来院された患者さんに対し、診断の流れを勉強したいという研修医の要望にも応じる形をとっています。ウォークインの日も作るし、救急車が多く来るところにも月に何回かあてて、その数が不公平にならないように調整しています。ウォークインで来られても、大きな病気が潜んでいることもあるので油断してはいけないし、勉強してもらわないといけません。もちろん重症患者の救命救急の現場にも立ち合って勉強して頂きます。ウォークインも救急車もどちらも大事ですので、両方バランス良く配属しています。

初期研修医と後期研修医とでは当直の仕事を振る内容は変わってくるのでしょうか。

後期研修医は副当直ではなくて、本当直に入りますから、風がいっぺんにいきなり自分のところに来るような場になります(笑)。ほぼ戦力として見ていますね。初期研修では誰かが風から守ってくれます。初期研修医はとりあえずは診るのですが、常に指導医が後ろにいて、迷わないようにバックアップしていますので、そこが大きな違いになりますね。

最後に後期研修医に向けて、JA尾道総合病院のPRをお願いします。

すごく厳しいところですが、それなりのサブスペシャリティを持って、当院に来ていただいた方は後期研修が終わって、卒後6年目になったときに全国どこの病院でも独り立ちができるように育てます。そのかわり、厳しいですよ(笑)。でも、ほかの病院の後期研修では味わえないようなこと、大学に帰ったあとでないと味わえないような海外出張での学会発表もあります。そういったところに積極的に出す伝統は長く続いています。後期研修3年次には世界のトップランクの国際学会にも連れて行って発表させたりもしています。それが今後の自信にも繋がると思っています。

お気に入り