指導医インタビュー

学校法人自治医科大学

自治医科大学附属病院

栃木県下野市薬師寺3311-1

名前
山岸 裕和 先生
病院助教、指導医
職歴経歴
1983年に北海道札幌市で生まれる。2009年に札幌医科大学を卒業後、自治医科大学附属病院で初期研修医となる。2011年に自治医科大学附属病院小児科で後期研修医となる。2013年に国際医療福祉大学病院で小児科医員として勤務する。2015年に自治医科大学附属病院小児科に病院助教として勤務する。2017年に国際医療福祉大学リハビリテーションセンターなす療育園に小児科医員として勤務する。2019年に自治医科大学附属病院に小児科助教として勤務する。
学会等
日本小児科学会専門医など。

自治医科大学附属病院の特徴をお聞かせください。

栃木県にある大学病院として、地域に根ざした医療を行っています。栃木県のみならず、茨城県、群馬県、埼玉県からも患者さんがいらっしゃるため、症例も豊富です。1100の病床を持ち、1日に2500人の外来患者さん、8台から9台の救急車が来ます。

山岸先生がいらっしゃる小児科についてはいかがですか。

大学病院に併設されているとちぎ子ども医療センターにある小児科です。大学病院だとどうしても症例に偏りが出ますが、子ども医療センターだと満遍なく、偏りのない症例が集まります。子ども医療センターの中に外科、整形外科などもあり、連携を取りながら他科の疾患を診ることができます。小児科は循環器、神経などの班に分かれており、専門性が高い内容になっています。専門性が高いのに、垣根が低いといいますか、むしろ垣根がないですね(笑)。コンサルトに際しても書類は不要で、電話や会って話すだけで大丈夫です。新規患者さんのカンファレンスや教授回診には皆が参加し、情報を共有できています。

自治医科大学附属病院の初期研修の特徴もお願いします。

自治医科大学の卒業生は他道府県に行きますので、その分、初期研修医が色々な大学からやって来るのが特徴です。部活動などでの繋がりがなく、自由な人間関係を築けます。当院にぽんと来るような人たちだから気さくですし、すぐに仲良くなっています。初期研修の内容に関しても、大学病院ならではの規模で診療科が揃っていますので、色々な経験を積むことができます。

初期研修のプログラムの特徴にはどういったことが挙げられますか。

初期研修が始まると、学生のときに抱いていたイメージが変わることが少なくありません。そのため、最初に組んだローテートの予定を変えたくなることがあります。そういう場合には初期研修医の負担なく、フレキシブルに組み替えることができます。初期研修医の数が多いので、一つの科を4、5人でローテートします。マイナー科であっても2人で回ることもありますので、同期同士で相談できるのも良いことだと思います。

初期研修医の人数はどのくらいですか。

1学年40人から50人ぐらいいますので、全体で100人近くになります。

指導される立場として心がけていらっしゃることを教えてください。

小児科をローテートする期間は短いですので、記憶に残る初期研修をさせたいと常に考えています。小児科は遣り甲斐があり、楽しい診療科なのだということが伝わるようにしたいですね。

最近の研修医をご覧になって、どう思われますか。

当院に来る初期研修医は他大学や他地域から飛び込んでくる人たちなので、社交的なんです。一緒にいて楽しいですね。他科を回ってきた人たちが「ほかの科ではこうですよ」と教えてくれるので、私にとってもいい学びになっています。

「こんな研修医がいた」というエピソードがあれば、お聞かせください。

最近、初期研修医と一緒に学会発表の準備をしているのですが、症例のまとめ方が上手な人がいます。カンファレンスの機会が多いので、発表に慣れていくのかもしれません。私が初期研修医の頃はそこまでうまくなかったので、感心しています。

研修医に「これだけは言いたい」ということがあれば、お聞かせください。

初期研修のあとでスペシャリティを決めて、後期研修に進んでいくわけですが、スペシャリティを表明するかどうかはともかく、決めるのはなるべく早くした方がいいと思います。例えば、小児科医になるのだと決めてから神経内科や循環器内科を回ると、心づもりがある分、研修が違ってきます。そのあとでスペシャリティを変えてもいいので、決めたうえで回ってみましょう。

先生の研修医時代はどのようにお過ごしでしたか。

50人以上の同期がいたので、楽しかったですね。後期研修にも8割の同期が残りました。今は科はばらばらになりましたが、近所に住んでいる人も多いので、家族ぐるみの付き合いをしています。

現在の臨床研修制度についてのご意見をお願いします。

若いうちに色々な経験ができるのはいいと思います。学生の頃に考えていた科とは違う科を知るきっかけにもなります。私は学生の頃は小児科が良くて、初期研修中は消化器内科や救急が面白いと思っていました。それでも小児科の居心地の良さに惹かれて、小児科を選びましたが、初期研修で色々な臓器を学べたことは今も役に立っています。

これから初期臨床研修病院を選ぶ医学生に向けて、メッセージをお願いします。

気になっている病院があったら見学に行ってください。見学先では診療科にこだわるのではなく、初期研修医がどういう雰囲気で働いているのかを見てください。つまらなそうにしている研修医がいる病院ではなく、楽しそうに働いている病院を選びましょう。

お気に入り