指導医インタビュー

社会医療法人財団 石心会

埼玉石心会病院

埼玉県狭山市入間川2-37-20

名前
元 志宏(げん しこう)先生
職歴経歴
1979年に埼玉県新座市で生まれる。2004年に埼玉医科大学を卒業後、埼玉医科大学病院で初期研修を行う。2006年に埼玉医科大学病院でローテート研修を行う。2007年に埼玉医科大学腎臓内科講座に入局し、埼玉医科大学病院に勤務する。2008年に埼玉社会保険病院(現 埼玉メディカルセンター)に勤務する。2010年に埼玉医科大学病院に勤務する。2012年に埼玉石心会病院に腎臓内科医長として着任する。2017年に埼玉石心会病院腎臓内科部長に就任する。
学会等
臨床研修指導医(プログラム責任者養成講習会修了)、日本内科学会認定医、日本内科学会総合内科専門医、日本腎臓学会認定専門医・指導医、日本透析医学会専門医・指導医、日本高血圧学会認定専門医、日本救急医学会ICLSコースディレクター、日本内科学会JMECCディレクター、日本医師会認定産業医、身体障害者指定医など。

埼玉石心会病院の特徴をお聞かせください。

元:

埼玉県西部地区の中核病院で、年間8000台もの救急車を受け入れています。病院の理念が「断らない救急」ですので、救急や総合診療をしっかり学べますし、重症な患者さんから肺炎や尿路感染症といったコモンディジーズまで幅広い症例があります。一方で、コモンディジーズに限らず、循環器内科をはじめとする各内科、心臓血管外科、脳神経外科には専門医が揃っている病院です。

元先生がいらっしゃる腎臓内科についてはいかがですか。

元:

当院の特徴としては中核病院ゆえに、急性期から慢性期までご紹介の患者さんを多く診ていることが挙げられます。また、当院にはさやま腎クリニックが併設されており、この透析施設に270人ほどの透析患者さんがいらっしゃっていますので、透析患者さんの合併症なども診ています。腎臓内科の特徴としては検尿異常から透析導入、透析後の診療など、腎疾患の最初から最後までを診ていることです。

埼玉石心会病院の初期研修の特徴もお願いします。

元:

「断らない救急」の理念のもと、年間8000台もの救急車が来ますので、その救急を上級医と一緒ではありますが、初期研修医がファーストタッチします。救急をはじめから診られることが大きな特徴であり、当院の初期研修の売りだと思います。また、救急だけでなく、各科にも指導医が揃っていますので、しっかり教えることができています。地域柄、複数の医学的問題を抱えた高齢者の入院が多いので、臓器にとらわれず、ジェネラリストの視点で救急から入院、退院まで一貫して関わり、退院後のケアまで配慮できるよう、主治医としてのマネジメント能力の基礎を養っていけます。

初期研修のプログラムの特徴にはどういったことが挙げられますか。

元:

救急に力を入れているのが特徴です。救急科をローテート後であっても、各科で日々の診療を行っているうちに、救急ですべきことを忘れたり、抜けが出てきたりしますので、どの科をローテートしていても、週に半日は救急を担当するプログラムになっています。

初期研修医の人数はどのくらいですか。

元:

1年目が10人、2年目が7人です。以前は5人ずつぐらいだったのですが、病院の規模が拡大したことで、研修医の受け入れも広げることができるようになり、募集人数を増やしました。人数が増えても教育が疎かにならないよう、指導医側も気を配りながら調整しています。

指導される立場として心がけていらっしゃることを教えてください。

元:

一方的にならないよう、まずは研修医の意見を聞くようにしています。どの研修医も考えがあって行動しているわけですから、たとえ間違っていたとしても、どうしてそう考えたのか、何をやってそうしたのかなどを必ず聞きます。そして何かをフィードバックして教えることも心がけています。

最近の研修医をご覧になって、どう思われますか。

元:

私が研修医の頃よりは皆が賢くなり、スマートにこなしている印象を受けます。将来のこともよく考えている人が多いですね。ただ、私たち10年前の研修医に比べると、積極的に質問したり、がつがつしている研修医は減ってきたように思います。そして、内科の専門医制度が変わって以降は、私たちの頃よりも内科の志望者が少なくなりました。今の臨床研修制度では選択期間が長く、マイナー科の研修もできるからか、マイナー科を志望する人が増え、内科を志望しなくなってきたのかなとほかの医師とも話しているところです。内科の志望者が減るのは寂しいですね。

「こんな研修医がいた」というエピソードがあれば、お聞かせください。

元:

初期研修で当院に来て、腎臓内科をローテートした人がそのまま後期研修で残り、その後に当院のスタッフになったことがあります。最初は全く頼りなかった初期研修医が5、6年を経て、当院での研修や教育だけで立派な医師になってくれるのを見ると嬉しく感じます。

研修医に「これだけは言いたい」ということがあれば、お聞かせください。

元:

どの病院に行っても、本人にやる気があれば、とてもいい研修になります。研修を生かすも殺すも本人次第です。したがって、どこの病院でも積極的に取り組んでほしいです。そして、そういう気持ちで当院に来てくれれば、良いプログラムで2年間を過ごせる環境になっています。積極性とやる気のある初期研修医はどこの病院でも歓迎されますが、その中で当院を選んでいただければと思います。

先生の研修医時代はどのようにお過ごしでしたか。

元:

私はこの臨床研修制度が始まったときの1期生だったんです。当時はこのプログラムの仕組みがよく分からず、どこかの病院に見学にも行ったりすることもなく、母校を選びました。でも埼玉医科大学病院を選んだことは良かったですね。母校で充実した研修をさせていただきました。一方で、今の初期研修医から色々な病院に見学に行った話を聞くと、私も見学ぐらいはしておきたかったなと後悔している部分はあります。私たちの頃はインターネットを見ても、初期研修のシステムや臨床研修病院のそれぞれの特徴などの情報が乏しかったので、今の人たちが色々な場所でインターネットにアクセスでき、様々な情報を得られるのはいいことだと思っています。

現在の臨床研修制度についてのご意見をお願いします。

元:

医師にとって不要な研修はありませんので、こうしてスーパーローテートできるシステムはとてもいいものですね。ただ初期研修医本人に興味や積極性がなければ、1カ月や2カ月という時間が無駄に過ぎていき、有用なものになりません。初期研修医本人にやる気があり、「この期間にこれを身につけよう」という気持ちがあれば、非常に良いシステムではないでしょうか。

これから初期臨床研修病院を選ぶ医学生に向けて、メッセージをお願いします。

元:

初期研修は医師の基本を学び、医師としての基礎を作る研修です。将来、何科の医師になったとしても幅広い診療が求められますし、その基礎をこの期間に身につけることには意味があります。今は色々なことを調べて、色々な病院を探せる仕組みが整っていますので、積極的に探し、いい研修ができそうだと思える病院を選んでください。当院は重症患者さんのみならず、色々な症例を診ることができます。指導医も熱心で、勉強会やレクチャーなどの機会も豊富ですので、充実した初期研修ができる病院です。

お気に入り