初期研修医インタビュー

国家公務員共済組合連合会

熊本中央病院

熊本県熊本市南区田井島一丁目5番1号

名前 前田裕斗(まえだゆうと)研修医
出身地 熊本県熊本市
出身大学 福岡大学
医師免許取得年度 2016年度
名前 内藤大貴(ないとうだいき)研修医
出身地 熊本県熊本市
出身大学 熊本大学
医師免許取得年度 2017年度

医師を目指したきっかけをお聞かせください。

前田:

祖父と父親も医師でしたので、漠然と目指そうと思いました。高校生のときに医学部を受けようかなと決めて受験しましたが、まぐれで合格しました(笑)。

内藤:

私も父親が医師です。開業医ではないので、後継ぎにならないといけないということはないのですが、高校生になって進路を決めるときに、父の姿を幼い頃から見ていたので、医師が第一に浮かびました。資格のある職業がいいなという思いもありました。

学生生活ではどんなことが思い出に残っていますか。

前田:

部活動と飲み会ばかりで、家は寝る場所みたいな感じでした。勉強もたまにはしていましたが、常に二の次三の次で、外で遊んでいたり、友達との時間を大事にしていました。部活動はバレーボールです。公式戦では1回ぐらいしか勝った記憶がないので、強くはなかったです(笑)。

内藤:

私も勉強よりも部活動でした。私はゴルフ部に入っていたんです。やはり部活動での思い出は大きいですね。ゴルフの成績はそんなに優秀ではなかったのですが、私なりに頑張っていました。

大学卒業後、大学病院ではなく、研修先を熊本中央病院に決めた理由をお聞かせください。

前田:

学生の頃の認識では大学病院と市中病院の大きな違いは、即戦力として力になるか、ならないか、頭を動かすのか、足を動かすのかといった、ざっくりしたものでした。どちらかと言うと、私は足を動かして、そこから学んでいく方が好きだし、私に合っている気がしたので、市中病院を選びました。熊本中央病院に決めたのは父が熊本中央病院で働いていたことがあり、良い病院だと知っていたことが大きかったです。私の性格にも合っていそうでしたので、こちらにしました。

内藤:

私は熊本大学でしたので、ポリクリは大学病院で行いました。長く大学で過ごしたこともあり、心機一転という意味も込めて研修先は市中病院にしました。熊本中央病院に決めた理由は同期の数です。多くいるよりは10人未満の方が研修しやすそうだと思いました。

熊本中央病院に見学に来られたときの印象はいかがでしたか。

前田:

5年生の終わりぐらいに1度来たんですが、そのときに初期研修医の渡邊先生が1日ついてくれたんです。次第に仲良くなって、生の意見を聞くことができました。内科をじっくり診ることができると分かったのも良かったですし、いい印象を受けました。病院自体の綺麗さや汚さ、院内のスタッフの雰囲気などを見ることはなかったですね。渡辺先生とずっと一緒にいて、上級医の先生方の対応の良さを実感できました。

内藤:

見学には来ていないのですが、説明会には来ました(笑)。その前に大学の実習で1週間、呼吸器内科に来たことがあり、すごく優しくしていただいたことで、とても良い印象を持ちました。

熊本中央病院での初期研修はイメージ通りですか。

前田:

そこまでイメージはしていなかったのですが、イメージ通りと言えばイメージ通りですね。

内藤:

一人ひとりの患者さんに寄り添った医療が出来る病院という印象があり、実際に働いてみてそれはイメージ通りでした。

プログラムの自由度はいかがですか。

前田:

私は今、消化器外科を回っているんですが、ほかの病院に比べても豊富な症例数があります。カンファレンスがあり、皆で理解をし合えるので、非常に勉強になっています。

内藤:

まだ1年目で、1年目では回らないといけない科が多く割り振られていますのでそれをこなしている段階ですが、2年目の研修医から話を聞いた限りでは、1週間ぐらい前でもローテートしたい診療科や期間を自由に決められるのがいいなと思っています。今は麻酔科で、手術室にいますが、手術の導入や患者さんが手術室に入る前の作業などを看護師さんと用意していくのが大変です。しかし、ルートを取ったり、挿管といった麻酔科的な手技は勉強になっています。

院外での研修はありますか。

前田:

8月に天草市立牛深市民病院に行きました。熊本中央病院ではあまり外傷の患者さんは来ないのですが、牛深市民病院では外傷の急患患者の対応をしたりとこれまでとは違う経験ができました。リハビリが目的だったり、高齢者がほとんどなので話し相手とか(笑)。自分の診療の質を上げるというよりも新しい世界を知った楽しさがありました。

どのような姿勢で初期研修に取り組んでいらっしゃいますか。

前田:

私の場合はほかの初期研修医よりも経験や知識がないことは分かっているので、フットワークの軽さと声の大きさでフレッシュさを出して取り組むように心がけています。

内藤:

私はまだ進む科が具体的に決まっていないのですが、内科系に興味があります。大学病院ではなく、折角の市中病院での初期研修ですし、内科での研修が研修の特徴になっている病院でもありますから、肺炎などのcommon diseaseをしっかり勉強していきたいと思っています。

指導医の先生のご指導はいかがでしょうか。

前田:

色々な先生方がいらっしゃいますが、どの先生も研修医に対して理不尽なことは言われませんし、私たちがきつそうだったら気を配ってくださいます。一方で、指導医の先生方が初期研修医にも医師として「どう思う?」などと意見を求めてくださるのが嬉しいです。

内藤:

指導医と初期研修医のスタイルは診療科によって違いますが、全体を通して見ると、面倒見の良い先生方ばかりだと思います。

熊本中央病院での初期研修で勉強になっていることはどんなことでしょう。

前田:

内科をじっくりと診られることです。患者さんと毎日、お話をすると、色々な患者さんがおられることを実感します。一人一人の患者さんを向き合うと本当に勉強になります。

内藤:

救急の初期対応などの勉強会などもしてくださるので、そこで学んだことは当直をしている際などに活かされていると感じます。また診療科ごとの垣根が低く、コンサルトの勉強にもなります。

何か失敗談はありますか。

前田:

知識不足、経験不足から来る失敗はよくあります。治療方針や患者さんへの対応を軽く見ていたところもありましたし、ここも診ておかなくてはいけなかったと反省することばかりです。

内藤:

特に研修開始後の慣れない時期に内科のカンファレンスに出て、患者さんのバックグラウンドを全く把握していなかったことがありました。そういうところを突っ込まれて、答えられないことがよくありました。

当直の体制について、お聞かせください。

内藤:

一般の当直の先生と内科系の当直の先生が1人ずついて、初期研修医がそれに副直という形でつくことになっています。上級医の先生が2人いますので、どちらかの先生が患者さんの対応をするときに呼んでいただいて、一緒に診る体制です。当直は毎日ありますし、週末は日直がありますが、それを初期研修医全員でシフトを割り当てるので、月に3回ぐらい入ります。

当直では、どんなことが勉強になっていますか。

前田:

グレーゾーンか、すぐに入院させたほうがいいのか、帰していいのかなどの判断が分かりづらいときにしっかり考えることです。グレーゾーンの患者さんをどう判断するかは指導医の先生が教えてくださるので、特に勉強になります。

内藤:

当直では呼吸器、循環器のかかりつけ医からの紹介患者さんが多く、カルテを見ながら、バックグラウンドも見ることができますので、内科的な勉強にもなっています。

カンファレンスの雰囲気はいかがですか。

前田:

研修医が口を出せないとか、重苦しい雰囲気はどの科にもないです。分からないことは指導されるのは当然ですし、ざっくばらんな雰囲気もあります。

内藤:

毎回自分では気づけないことを指摘してもらえるので、勉強になることがとても多いです。

コメディカルの方たちとのコミュニケーションはいかがですか。

前田:

野球部のコメディカルの人が多く、私も皆さんと野球をしているので、仲がいいんです。そこから幅を広げているので、コニュニケーションは活発です。また、経験豊富な看護師さんが多いので、勉強になります。

内藤:

看護師さんはベテランの方が多く、良い関係性を築きやすい雰囲気があると思います。皆さんチーム医療を支えるプロフェッショナルなので、とても勉強になることが多いです。

研修医同士のコミュニケーションは活発ですか。

前田:

若手医師と研修医だけの小部屋ですから、聞きやすい環境です。1年目同士で聞き合うこともあるし、2年目の先生方も1年目にプライベートの話などもしてくれるので、話で盛り上がることもありますね。飲み会などはあまりないのですが、そこはプライベートの時間を大事にしている病院だからかと思います。

内藤:

2年目の先生にはとても良くしていただいています。人数も7人ずつで同じなので、気軽に話がしやすいです。同期ともまだ回っていない科の情報交換などもよくしていますし、雰囲気はいいです。

今後の研修のご予定をお聞かせください。

前田:

11月から済生会熊本病院で研修をすることになっています。

内藤:

今は麻酔科を回っていますが、来週から済生会熊本病院で2カ月間、救急の研修をさせてもらいにいくことになっています。

ご趣味など、プライベートの過ごし方について教えてください。

前田:

旅行が好きなので、長期の休暇があれば国内や海外旅行に行っています。

内藤:

趣味でゴルフをしています。大学時代の仲間と行くことが多いです。

最後に、これから初期臨床研修病院を選ぶ医学生に向けて、メッセージをお願いします。

前田:

当院は立地が良く、市街地にも程よく近いし、食堂の食事も美味しいです。優しい先生方ばかりだし、プライベートも大事にできるので、女性医師にも働きやすい環境です。医師は勉強も大事ですが、最終的には患者さんのための仕事です。その意味でも、学生時代は勉強だけではなく、友達を大事にしましょう。その姿勢は将来に繋がると思います。

内藤:

バランスの良い病院だと思います。研修内容も非常にいいですし、忙しさと自分の生活のバランスはしっかりと取れます。研修医本人が大きなやる気を出して臨めば、上級医の先生方も応えてくれて、勉強させてくれる病院ですので、どんな人でもきっと満足できる初期研修ができると思います。

お気に入り