初期研修医インタビュー

社会医療法人北九州病院

北九州総合病院

福岡県北九州市小倉北区東城野町1番1号

名前 仲野 優 先生
出身地 福岡県北九州市
出身大学 山口大学
医師免許取得年度 平成30年

医師を目指したきっかけをお聞かせ下さい。

資格のある職につこうと思っていました。色んな医療職に興味がありましたが、高校生の時に、家族が手術するような出来事があり、その時に医学に興味をもちました。家族が病気になった時にとても辛い思いをしたので、その時の家族としての不安な気持ちを理解できる医師を目指すようになりました。

学生生活ではどのようなことが、思い出に残っていますか。

部活動ですね。陸上部でしたが、同期や先輩、後輩と一緒に毎日練習したり試合に向けて高め合っていた事が、一番思い出に残っています。

部活動で培われた事は、今につながっていますか。

部活動でいろんな方と関わることが多かったので、人間関係などを学びました。また、陸上部だったのでスランプだった時もありましたが、頑張ったらタイムが縮まり、頑張り続けたら良いことがあるといった考え方は、今にも大きく繋がっていると思います。

研修先を北九州総合病院に決めた理由をお聞かせください。

私は北九州出身なので、北九州で研修が出来たらいいなと思っていました。また、初期研修期間は、救急搬送の患者を診たいと思っていたので、救急病院を中心に何病院か見学に行かせていただきました。その中で、北九州総合病院に2回目の見学に来た時に、1回目の見学時にお会いした、研修医の先生方が大きく成長されている姿を目の前で見て、ここで研修したいなと思いました。

研修1年目から2年目になられた先生方の習得度合いが違ったということですか。

見学生には1年目の研修医の先生がついてご案内してくださるんですけど、その先生方が2年生になり後輩に指導されていて、学生ながらに頼もしくなられている姿をみて憧れた部分があります。

見学時には、研修医の先生方の他にも指導医の先生方とお話する機会はありましたか。

検査や手術にも見学させて頂いたので、その指導をされている指導医の先生方が話しかけて下さりました。

北九州総合病院は、病院全体で研修医を育てる環境が整っていると伺いますが、見学時でも感じることはありましたか?

研修を始めてより実感していますが、先生方が近くにいらっしゃるし、横を通りかかる時にちょっと悩んでいる方がいたら「大丈夫?」など声を掛けられている場面も見て温かい環境だなと思いました。

病院での研修は見学の時のイメージ通りですか。

見学のイメージと大きくかけ離れた部分はないですが、研修医として患者さんを目の前にした時の無力さを感じました。

今はどのようなローテーションで研修をされていますか。

1年目のローテーションは決まっておりまして、内科と外科と各救急麻酔科でローテーションしました。2年次は自分で自由に組めますので、3年目から内科を専攻しようと思っていますので、内科を中心に研修しています。

ローテーションでは、何名体制で各科を研修されますか?

9人の同期がいますが、2人~3人でペアを組み、同じ科を回るようになっています。同じ科に3人以上での研修が難しいので、少しずつ診療科をずらし、ペアと一緒に各科を回るようになっています。

どのような姿勢で初期研修に取り組んでいらっしゃいますか。

一番心掛けているのは何事にもチャレンジ、やります、やらせてくださいという姿勢で積極的に取り組んでいますが、分からない事は分からない、出来ない事は出来ない、教えてほしいことは教えてくださいといった、素直にと言いますか、真摯な対応で出来るだけで取り組みたいと思っています。

今は何科を研修されていらっしゃいますか。

今は消化器内科を研修しています。

消化器内科では、内視鏡を学ぶ機会もありますか。

模型を使用して内視鏡を学んでいます。模型で練習していると指導医の先生が横から教えて下さったりします。

指導体制についてお聞かせください。

屋根瓦式の指導体制ですが、とても熱い先生が多いです。
内科メインの話にはなりますが、当直の時にファーストタッチは研修医が行います。内科では、ファーストタッチした患者さんが自分の担当の患者さんになりますので、思い入れは強くなります。入院後、担当患者さんについて、指導医の先生と綿密に話し合いながら治療方針を決めていきます。

ファーストタッチで担当された患者さんがご自身の担当になっていくということですか。

内科ローテーション時であれば、ファーストタッチした患者さんが自身の担当になります。

北九州総合病院での初期研修で良いところはどんなことでしょう。

総合医局であることがとても良いと思っています。先生方のお部屋をノックすることは、一つ勇気がいることではないかと思います。また、カルテも何台か一緒に並んでいるので隣で仕事をされている先生に「この画像どう思いますか?」という事もすぐ質問できますし、相談しやすいですね。あと病院全体が温かい雰囲気なので研修医がやることに対して、みんなで見守ろうという風にしてくださっているように感じます。

症例に携われる機会は多いですか。

他の病院で研修したわけではないので比べられませんが、3次救急病院なのでいろんな疾患の患者さんが救急搬送されると思います。救急病院なので急性期の疾患は多いですが、悪性疾患や慢性疾患の患者さんも多くいらっしゃり、様々な症例に携われます。

研修されている中での失敗談はありますか。

それはたくさんあります。看護師さん達との連携が大事ですが、自分が言い間違いをしたことを看護師さんが気付いてくれたおかげで指示ミスを未然に防げた事がありました。

当直の体制について、お聞かせください。

当直は基本的に研修医2人と内科当直・外科当直の先生が各1人と救急車担当するセンター当直の先生1人で行っています。あと、小児科が別に当直がありますが、研修医が関わる部分としては内科、外科、救急当番の先生です。

当直は月何回ありますか。また当直の次の日の勤務についてもお聞かせください。

基本的には週に1回のペースで4回程度です。前後することはあります。当直の次の日は、午後に帰れるようなっています。

当直ではどのようなことが勉強になりますか。

社会的な問題を抱えている患者さんもいらっしゃいますし、痛みを我慢され続けてやっと来たら重大な病気で家族の方がびっくりされたりする事もあれば、ちょっとした症状でも不安に感じられていらっしゃる患者さんもいます。身体的にも精神的にも問題を抱えた患者さんの診療にあたるので、とても勉強になります。
また、内科であればファーストタッチから退院まで一貫して一人の患者さんを診られることは、一つ大きなメリットじゃないかなと思います。また、救急搬送される重症の患者さんも多いので、今何をすべきか優先順位を考えながら診療することができるようになってきました。

カンファレンスについてお聞かせください。

カンファレンスは毎日あります。前日に入院された患者さんの新患紹介を担当医が行い、全員の医師で検査データ等を確認し、診断や治療方針を決めていくようになっています。

カンファレンスでは発言されますか。

自分が診た患者さんの新患紹介は自分で発表するようになっています。

コメディカルの方たちとのコミュニケーションはいかがですか。

救急外来の看護師さん達と一番関わりがあるので、日頃からお世話にもなりますし、プライベートでも遊びに行くこともあります。それぐらいコメディカルの方々や病院の看護師さんも温かい方が多いので、仲良くさせて頂いています。

研修医同士のコミュニケーションをお聞かせください。

ローテーションが違うので院内で会う機会は少ないですが、それ以外の時間では、夜勉強していたら自然と集まって「それ私も気になっていた」という話しをしたりします。夜遅く帰って来たら誰かがいて一緒にご飯を食べながら話したりとか、誕生日のお祝いをしたりとか、そんな交流はいっぱいあります。

北九州総合病院は、募集定員が10名ですが、同期の人数についてお聞かせください。

私自身、同期が10人ぐらい居る病院が良いなと思い初期研修病院を探していた事もあるので居心地がいいのかもしれないですけど、9人、10人がちょうどいいんじゃないかなと思っています。先程のペアで回る制度も社会人として1年目ということもありますし、初めて学生から医者になって不安な事もありますが、同じ科を一緒に回っている同期がいることは心強いです。相談しながら研修することができるので。それも10人ぐらいいないと出来ない制度だと思います。

今後のご予定(進路先など)をお聞かせください。

当院に3年目以降も残らせていただくことになっているので、消化器内科医として3年目も北九州総合病院で勉強させて頂きます。同期の中には大学に戻らないといけない人とか、出身大学に戻る人もいたりします。内科として残るのは私だけです。残りたいなと思い希望させて頂いたら、快く受けてくださったので本当にありがたいです。

内科医を目指そうと思われたのはいつ頃ですか。

手先を動かすのが好きで学生の頃や、研修1年目の当初はマイナー科を志望していました。ローテーションをしているうちに患者さんを診たり、いろんな先生方と関わる中で、消化器内科についていきたい先生方がいらっしゃったので、自然と消化器内科を目指すようになりました。

ご趣味など、プライベートの過ごし方について教えてください。

平日疲れてしまうことが多いので、土日は結構寝て終わったり、溜まった掃除をしています。ちょっと余裕があるときは、昔の友達とランチしたりとか、そういう時間にあてています。地元が北九州なので高校時代の友達とかも近くにいるので、土日仕事でも夜だけご飯に行くこともあります。

オンとオフはしっかりしていますか。

そうですね。ただみんな結構残って勉強していることもあります。けれど、長引いている人がいたら助けてあげたりもするのでオンとオフはしっかりしていると思います。
また、今は2年目になってだいぶ仕事に慣れたのかもしれないです。
1年目は結構きつくて社会人1年目っていうのがそもそも疲れると思うんですけど。

北九州総合病院は、女性でも働きやすいですか。

救急病院ですので、忙しくきつくて泣いてしまった事もありますし、同期がそうなった時もありました。ですが、先輩方はよく面倒を見てくださって、あまりにもきつそうだったら肩の力抜きなよと声を掛けて下さります。女性だから優しくされるわけではありませんが、先輩や先生方がよく顔色みてくださって声かけて下さるので頑張れます。

女性の先輩はいらっしゃいますか。

私達の代は4人女性がいます。年度によって異なりますが、先輩も2人女性の研修医の先生方がいらっしゃいました。男性のバイタリティーは学生の頃から分かっていましたが、女性同士だからこそ分かりあえる先輩がいらっしゃるのは心強かったです。

最後に、初期臨床研修病院を選ぶポイントを医学生に向けてメッセージを お願いします。

3年目にどんな風になっていたいか、医者としてどのようにスタートしたいかなど、ちょっと先の事を思い描いて頂いて、その為には研修1年目2年目をどのように過ごしたいかっていうのを考えて頂けたら良いのかなと思いました。様々な研修病院がありますが、それぞれいい所があると思うので、自分のなりたい方向性にあった病院を選ぶのがいいんじゃないかなと思います。

お気に入り