後期研修医インタビュー

市立加西病院

兵庫県加西市北条町横尾1丁目13番地

名前 金沢 夏希(かなざわ なつき)先生
出身地 静岡県静岡市
出身大学 神戸大学
医師免許取得年度 2015年度

医師を目指したきっかけをお聞かせください。

父と兄が医師を志したんですが、途中で断念したという経緯があり、私にとっては医師が何となく身近な職業ではありました。特に大きな理由はなく、医師になってから医師という職業を続けていく目標が見えてきてもいいのかなという考えでした。

学生生活はいかがでしたでしょうか。

私は大学に限らず、中学も高校もとにかく部活動に打ち込む性格で、大学に入ってからも勉強そっちのけで馬術をやっていました。勉強ももちろん大事ですが、臨床医になってみないと分からないことの方が多いので、学生時代にあまり勉強ばかりしなくてもいいのではないかと思います。馬術部員は自分の担当する馬の様子を毎日、見て、世話をしたり、体調管理をしたりしなくてはいけません。そういうことが患者さんを毎日、見に行くという今の仕事に繋がるところもあります。馬術部は朝がとても早く、真っ暗なうちから活動を始めるので、精神も鍛えられました。そのときにしか得られないものがあるので、医学生の皆さんには是非、部活動をやってほしいです。

ポリクリのときと実際に研修に入られたときとの違いはどんなことでしたか。

学生時代のポリクリは現場には行くのですが、外から見学しているだけの立場にどうしてもなってしまいます。現場の先生方もグループで回ってくる学生をお客さん扱いされていました。でも、実際に働き始めたら、責任を持って患者さんの診療にあたらないといけません。特に当院は初期研修医が主体的に考えて動かないといけないことが多いので、学生時代とは全く違いましたね。

初期研修先を市立加西病院に決められた理由を教えてください。

どうやって研修先を選んだらいいのか迷っていましたが、1つ上の先輩方からアドバイスをいただいたのは初期研修にはアカデミックで学術的なことがメインになる研修と、現場に放り込まれて体当たりでやっていく研修の2つがあるということでした。大学病院や規模の大きな病院では学術的なことを教わる機会が多く、論文を読んだり、臨床研究のテーマを決めて、データを取ったりしますが、中小規模の地方の病院では最初から戦力として使われるような体当たりの研修になると伺い、私は手を動かして覚えていきたいという思いがあったので、大学病院や大規模な病院で働く気はなく、市中病院で絞っていったんです。当院に見学に来たときに先生方、周りのスタッフの方々、当時の院長先生の人となりなどに惹かれて、当院を選びました。

初期研修の2年間はいかがでしたか。

1年目の4月からいきなり救急外来に下りて、患者さんを急に診察しなくてはいけなかったんです。学生時代に机に向かって勉強していたことと目の前に患者さんが現れるのは全く違います。当院ではやらなければいけない状況にいきなりさせられるのですが、これだけではなく、やりたいことがあれば何でもできます。例えば、私は循環器内科に行くうえで、心エコー検査を自分でできるようになりたかったんです。エコーは普段は臨床検査技師さんが行っているのですが、時間が空いたときに検査室をノックし、「エコーを教えてください」と入っていくと、皆さんが教えてくださいました。大学病院や組織化された大病院だと、そういうことができなかったかもしれません。自由が利いて、学びたいことを何でも学べる当院での初期研修はとても良かったです。

初期研修で一番力がついたと思うのはどのようなことでしょうか。

病院によっては消化器内科が何カ月、循環器内科が何カ月、呼吸器内科が何カ月というふうに、細分化された内科を順番に回っていく研修があるようですが、当院は内科という括りで研修するんです。その括りの中で半年ほど回りますので、消化器の患者さんや循環器の患者さんを同じタイミングで診ることができたり、色々な患者さんを全て診ることができるので、全身を診る力がつきました。

循環器内科を専攻された理由を教えてください。

学生時代から循環器に興味がありました。解剖実習をしたときに心臓という臓器の複雑さが神秘的だなと感じていましたし、理屈で説明ができるのが魅力です。循環器内科疾患は覚えることが少ないことも良かったですね。何科に行っても、循環器内科的な診察は切り離せません。どんな病気であっても重症になれば循環動態が狂ってきますので、最終的にはそういった管理が必要になるし、色々な科の先生方のお役に立てる科だと思いました。

後期研修先を市立加西病院に決められた理由をお聞かせください。

初期研修をして、当院のやり方や垣根が低くて、総合的に診られるところがとても気に入っていたからです。上の先生方も良い先生ばかりなので、そのまま当院に残ろうと思いました。

循環器内科を研修される中で辛かったことはありますか。

あまりなかったですね。幸せなことに仕事をしていて大変だとか、早く帰りたいとか思ったことがないんです。学生の頃にアルバイトをしていたときは「今、何時かな。あと何時間だろう」と時計ばかり見ていたこともありましたが、医師になってからはそういう思いを不思議としたことがありません。病院にいるのが当たり前で、自然といる場所のような感じです。

指導医の先生方のご指導はいかがですか。

すごく優しい先生方ばかりで、何でも教えてくださいます。医局も大きな部屋の中に色々な科の先生がいらっしゃるというスタイルなので、気軽に質問ができ、助かっています。質問に対して、嫌な顔をする先生はこの病院にはいないので、とてもやりやすいです。

初期研修と後期研修との違いはどこにありますか。

初期研修では患者さんを持っても主治医にはならず、上の先生が主治医をして、初期研修医が担当医なので、まだ甘えていられたとことがあります。しかし、後期研修医になると、その患者さんにとっての主治医は私しかいない状況になりますので、自ずと意識が変わってきました。「あの薬を今日から始めたけど、どうなったかな」などと、患者さんのところに何度も見に行ったりすることが増えましたね。初期研修のときよりも一生懸命、その患者さんの病気について調べたりもします。当院にいると、循環器内科以外の色々な疾患の患者さんにもあたります。専門の先生方と同じレベルの診療をするのはさすがに難しいですが、専門外なのでという言い訳はできません。

看護師の方を含め、コメディカルの方との関係はいかがですか。

ほかの病院では看護師さんがツンとしていて、きつかったりするという噂を聞きますが、当院のコメディカルの方は断トツで優しいと思います。「ここにいたら、ほかの病院へは行けないよ」と言われるぐらい、看護師さんはよく動いてくださいます。時間外に薬をオーダーしても「はい、はい」と言って、してくださいます。私は当院しか知らないですが、時間外にオーダーを出したら、医師が薬局に走って探しに行かないといけない病院もあると聞いたことがあるので、皆さんの優しさのお蔭で働きやすい病院です。

カンファレンスについて、お聞かせください。

個別の治療方針を検討する内科全体のカンファレンスがないんです。ある意味、各主治医が自主的に治療方針を決めることができます。ほかの病院だとグループごとに患者さんを診て、グループで話し合って治療方針を決めたり、研修医がカンファレンスで患者さんについてプレゼンして治療方針を発表すると、上の先生から指導が入って、治療方針が修正されていくようですが、当院は各主治医に治療方針の決定が委ねられているところがあります。自由ですが、カンファレンスを全体でする機会があってもいいのかなという気はしますね。一方で、循環器内科では心臓カテーテルの患者さんについての情報を共有するカンファレンスがあります。

オンとオフの切り替えはしっかりとできていますか。

主治医が治療の主導権を握っており、治療方針を決めて、自分のペースでやっていけるため、効率良く仕事が終わるんですね。私も早く仕事を切り上げて、帰宅するようにしています。でも夜に緊急のカテーテルがあったりすると、また病院に来ることはあります。完全にオフという日はあまりないですが、それで大変だと思ったことは一度もありません。自分の時間を自分で決められるから、ストレスなく仕事ができています。

今後のキャリア形成についてのお考えをお聞かせください。

当院にいたら、何万人に1人というような非常に珍しい難病などは診る機会が少ないでしょうし、循環器内科医として最重症の患者さんの最先端の治療を行うところまではおそらく届かないのでしょうが、心筋梗塞や普通の心不全などのよくある循環器疾患などをそつなく診られて、かつほかの診療科のコモンディジーズも診られる医師になりたいです。大規模な病院の循環器内科に属したら、専門性は高められるかもしれませんが、よくあるコモンディジーズなど、ほかの診療科を診る機会は減っていくでしょう。そうなると循環器に関してはトップクラスでも、ほかは専門外なのでというふうになってきますが、私はバランスよく診られたらいいなと思っています。当院は総合的に診られるところが良い病院です。

研修先を検討されている初期研修医の皆さんにメッセージをお願いします。

市立加西病院はやりたいことが何でもできるので、お勧めです。大きな病院に比べて症例数の絶対数自体は少ないかもしれないですが、私は循環器内科の唯一の後期研修医なので、病院に運ばれてくる心筋梗塞のカテーテルは全て自分で携わっています。上の先生にも「大きな病院で研修をしている後期研修医よりもカテーテルの経験件数は多いだろう」と言われています。

お気に入り